還暦迎えた段田安則 「役者の守備範囲、舞台の醍醐味」語る

NEWSポストセブン / 2017年8月27日 7時0分

写真

還暦を迎えて芝居への意欲を湧かせる段田安則

 取材当日、新宿の稽古場で行なわれていたのは、チェーホフの4大戯曲のひとつ『ワーニャ伯父さん』(8月27日~新国立劇場小劇場)。宮沢りえ、黒木華ら共演者とともに稽古の真っ最中だった。主役を演じる段田安則(60)のよく通る明快な声が響き渡る。

 が、稽古を終えた段田に、芝居の見所と意気込みを訊くと、なんとも頼りない答えが返ってきた。

「いまはまだ、この芝居はいったい何がウリなんだ? とよくわからない状態で(笑い)。稽古を始めて10日過ぎてもまだわからない。なんとか初日までには、『これ、ちょっといけるでしょ』と言えるところまで持っていきたいんですけどね」

 段田らしい飾らぬ力の抜けた言葉に思わず苦笑した。段田は、こう続けた。

「でもね、この顔ぶれですから、いい線までいけるだろうとは思っているんですよ。登場人物はダメダメの人ばかりですが、傍から見たらそこが面白いのかもしれないなと。ホームランではないけど、渋いヒットを打ったね、という感じになる気はするんです」

 そこには静かな闘志が潜んでいる。公演を誰よりもワクワクしながら待っているのは、段田本人にほかならない。舞台に立つことが心底好きなのだ。

「映像も面白いのですが、舞台は役者の守備範囲と仕事量が多くて楽しいんです。もちろん、演出家あってのことですが、セリフのタイミングや立ち位置、動きは自分で決められますから」

 そして、こう語る。

「自分が舞台で演じることで、目の前のお客さんの心が動く。それを感じられるときが楽しい。

 森光子さんと『おもろい女』を大阪でやったときに、僕が首を吊るシーンで、客席のおばちゃんからふいに『手伝おうか』と声がかかったことがあって、本当に楽しかった。あるいは、鼻をすすりながら泣く音が聞こえてくるようなこともある。こうしたことは、映像ではありえなくて、舞台ならではの醍醐味です」

 段田は、40年間、ひたすら芝居と向き合って生きてきた。

 京都の平安高校時代より、毎月東京からくる新劇を観に通っていた青年は、立命館大学入学後、京都のアマチュア劇団に加わったりしながら芝居にのめり込んでいく。結局、2年で大学を中退したのち、青年座研究所を経て1981年に野田秀樹率いる「夢の遊眠社」に入団。1992年の劇団解散まで主力メンバーとして活躍した。

「ありがたいことに、20代後半からアルバイトをしなくて食べられるようになったけど、20歳で始めた頃と芝居に向き合う気持ちはいまも何も変わっていない」と段田は言い切る。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング