梅沢富美男 言いたいことあるならSNSに本名と電話番号書け!

NEWSポストセブン / 2017年10月11日 16時0分

写真

SNSの無責任な書き込みに梅沢富美男が喝!

 共感を呼ぶ毒舌、辛口コメントでさまざまな番組に引っ張りだこ。浮気の真相から自身のドラマティックな役者人生まで、すべて本音でぶっちゃけた新刊『富美男の乱』(小学館)も話題の梅沢富美男(66才)が、いま話題のニュースをぶった斬る。

 芸能界では、一時代を築いた安室奈美恵(40才)が来年9月の引退を表明した。15才で役者本格デビューした梅沢は、自身の「引き際」をどう考えるのか。

 * * *
 安室ちゃんのように美しいうちにやめるのも美学なら、どこまでも続けるのも美学。

 おれの引き際は、客が決める。誰も見たくなくなれば劇場の客が減る。テレビだっておれを見たくなければ視聴率が下がる。そうしたらやめなくちゃならない。しがみつくことは無理な世界だから。

 ただ嬉しいことにテレビに出たことで注目されて、舞台の依頼が殺到している。来年はテレビを減らして、舞台を中心に活動するつもりです。

 やっぱりおれのベースは舞台だから。テレビにそこまでの思い入れはない。1982年に出した『夢芝居』が大ヒットした時もテレビの歌番組は軒並み断ったし、紅白歌合戦も、初出場にはオーディションが必要と言われて腹が立ったから、「だったら出ません」と突っぱねた。おれは舞台役者としてのプライドを持っているから、他の仕事に媚びは売らない。今後もこの信念は変わらないよ。

 そもそもおれがコメンテーターを始めた当初は生放送で「馬鹿野郎!」とか叫んでいるから「老害」とか悪口書かれまくっていた。「嫌いな司会者ランキング4位」に選ばれたこともある。おれは司会者じゃないのに! でも媚びを売らずに世の中の変だなと感じていたことを言い続けていたら、視聴者が「このおっさん、意外といいこと言ってるじゃん」って気がついてくれた。だからこのスタンスを変えるつもりはないね。

〈インタビュー中、梅沢はどの話題においても「責任の取り方」の大事さを繰り返した。そして、現代社会にはびこる「無責任」の多さに警鐘を鳴らしてくれた〉

 今の若い子はパソコンやスマホに依存して、引きこもりになったり、うつ病になったりしているよね。スマホを介して人と繋がっているから、外の世界で人と交わる必要がないと思い込んでいる。殴られたこともないから人の痛みがわからず、ひどいいじめや凄惨な殺人が起きる。

 それでいて現実の世界では言いたいことが言えず、SNSで鬱憤を晴らす。ちょっと失敗した人間を魔女狩りのようにSNSで集中攻撃して世の中から引きずり下ろすことに達成感を感じて、自分たちが何か大きなことをやったような気になっている輩も多い。おれのことを「老害ジジイ」って書き込むなら、匿名ではなく、ちゃんと名前を出して自分の責任で発言しろって言いたい。

 もしおれに何か言いたいことがあるなら、本名と電話番号を書いておけって。直接、電話してやるから。芸能人から連絡来たら嬉しいだろ(笑い)。

 こんな状況に陥っているのには、上の世代の責任もある。ジジイババア世代が子や孫を甘やかすだけで、道徳を教えなかったツケが回ってきたんだと思う。昔の人はよその子のことも平気で叱って殴ったけど、なぜ叱るかの理由もちゃんと話してくれた。人として大事なことを全力で教えてくれたんだ。

 おれには舞台があるから失うモノは何もない。だから、少しでも活気ある昭和のような日本になるように、これからも「言いたい放題」は続けていくよ。

※女性セブン2017年10月19日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング