2日で1億円稼ぐ伝説キャバ嬢 首相主催の桜を見る会参加へ

NEWSポストセブン / 2018年3月26日 16時0分

写真

半月で「森友値引き額」に届く額を稼ぐ

 4月21日に東京・新宿御苑で開かれる安倍晋三・首相主催の「桜を見る会」。毎年、皇族から政財界、芸能界とさまざまな業界から約1万人が集うが、今年は“初ジャンル”の有名人が参加するという。

「今年はカリスマキャバクラ嬢が招待されるのです。安倍さんの意外な人選に周囲は驚いています」(自民党関係者)

 招待されたキャバ嬢は“東海ナンバー1”と称される小川えりさん(30)。名古屋の「アールズカフェ」という老舗キャバクラに在籍する彼女は「2日で1億円以上を売り上げた」という伝説のキャバ嬢だ。小川さんに聞いた。

──どういう経緯で招待されたのですか?

「実は私もよく分かっていないのです。友人から“総理の『桜を見る会』に招待されるかもしれないから”と言われて住所を教えたら、しばらく経って案内状が届いたので驚きました。その友人は政府関係者か? いえ、その人の素性もよく知らない(笑い)」

──昭恵夫人と面識があったり?

「安倍総理や昭恵夫人と会ったことはありません。水商売では納税とかにルーズな人もいるけど、私はこう見えて税金をきっちり払っているんです。かなりの額の。色恋も枕営業もしませんし、とにかくクリーンなところが、良かったのでしょうか(笑い)」

 今の安倍政権が学ぶべき“清潔感”を彼女は持っているのかもしれない。来年も総理大臣として会を開けるかはわからないが……。

※週刊ポスト2018年4月6日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング