「老人狩り」が頻発 若者たちは「心は痛まない」と言い放つ

NEWSポストセブン / 2018年3月26日 7時0分

写真

老人の心に響く内容で契約を結ばせる詐欺グループ

 1990年代に、少年が集団で中高年男性を襲撃し、金品を奪う犯罪「おやじ狩り」が注目を集めた。近年は、若者が集団で老人から簒奪する「老人狩り」と言ってもよいような犯罪が頻発している。彼らはなぜ、老人を狙うのか。ライターの森鷹久氏が、老人をターゲットにする若者たちの本音に迫った。

 * * *
 筆者が取材したことのある「リフォーム詐欺」を行っていた男性が、5年ほど前に言い放った言葉を思い出す。

「正直、老人から金を取っても心が痛まない。俺たちには未来がある。日本の未来だって、若者にかかっている。老人は生きれば生きるほど金がかかる。その金を払っているのは若者だ。あとは死ぬだけ、という老人たちに金は必要ない」

 今年2月、千葉県茂原市で、資産家の80代女性が少年たちによって殺害された。地元では「ヤンチャ」だと名を馳せていた彼らは、警察の取り調べに対し「金目的で高齢女性が住む家に盗みに入った」と供述しており、強盗殺人容疑で逮捕されたが、被害者女性と彼らに面識はなかった。

「少年らは資産家で一人暮らしの女性宅を狙っていたようですが、顔を見られたので女性を殺害したと話すなど、犯行はずさんで場当たり的。事件後、仲間内で“なぜ殺したんだ”などと揉め事になったとも言われていて、弱い者を狙った安易で卑劣な動機が浮かび上がってきます」

 こう話すのは大手紙の事件担当記者。また、少年らを知る千葉県鴨川市在住の男性も、次のように証言する。

「改造バイクを乗り回すなどヤンチャな一面はあったが、人殺しをするほどの“悪党”ではなかった。建設作業員などの仕事をしていたはずだが、金遣いが荒く、金銭的に逼迫していたとは聞いている。そういう仲間が集まったことで気が大きくなり、後先考えず盗みに入ってしまったのではないか」

 茂原の事件で逮捕された少年らも「年寄りからは金を取っても良い」「年寄りからは奪いやすい」と身勝手に考えたのだろうか。万一、被害女性に顔を見られることなく、無事に金銭を強奪できていたとすれば、少年たちは次々に独居老人宅に狙いを定めて、第二、第三の犯行に手を染めたことも、容易に想像できる。

 冒頭で紹介した「リフォーム詐欺」に関わっていた男性。こちらも独居老人や身寄りの少ない高齢者宅を徹底的に調べ上げ、ピンポイントで訪問し、法外な価格で不必要な“床下換気扇”などの商品を売りつけていた。近しい業者の摘発が相次いだことで廃業に追い込まれたわけだが、その後も「老人」をターゲットにした商売を続けた。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング