俳優・平泉成 「今があるのは、かみさんのおかげ」

NEWSポストセブン / 2018年4月6日 7時0分

写真

俳優一筋54年の平泉成

 グラビア写真界の第一人者、渡辺達生氏(69)が還暦を迎えてから力を注いでいるのが、“人生最期の写真を笑顔で撮ろう”とのコンセプトで立ち上げた『寿影』プロジェクトだ。『寿影』とは、渡辺氏による造語で、商標登録されている。葬儀で使用される『遺影』の“遺”の文字には暗くて辛気臭いイメージがあると感じていた渡辺氏は、代わりにこれまでの人生を祝う意味を込めて、美しい響きを持つ“寿”を選んで命名した。

 渡辺氏は、自然な笑顔を引き出すべく、撮影する人に「一品」を持ってきてもらって、それにまつわるエピソードを聞きながら撮影する。平泉成(73)が持ってきたのは、肌身離さず持ち歩く、25年前に撮影した家族写真だ。

 俳優一筋54年。いぶし銀の魅力と味のある演技で、善も悪も器用に演じる名脇役。だが、その地位を築くまでの俳優人生は、決して順風満帆ではなかった。

「デビューは宝くじに当たったようなもの。現実は描いた夢からはほど遠く、何度も迷い方向転換してきた。今があるのは優秀だからじゃなく、ひとつの仕事に打ち込んだ結果です。長くやった分、プラスなだけだよ」

 プライベートでは良き父親であり夫。そっと財布に忍ばせている家族写真がそれを象徴する。

「25年前に初めて写真館で撮った1枚です。持ち歩くのは家族が大切という意味だけど、僕にとっては当たり前のことですね」

 この世を去る同世代俳優も増える中、残りの人生を意識するが、敢えて普通に仕事をこなし、妻との時間を増やしたいと語る。

「今があるのは100%かみさんのおかげ。僕の宝物です。感謝を忘れずに過ごしたいね」

 平泉成の晩成の裏には、長年連れ添った妻の存在があった。

【プロフィール】ひらいずみ・せい/1944年、愛知県生まれ。大映京都第4期ニューフェイスに選ばれ映画俳優に。独特のハスキーな声と人間味溢れる演技で注目を集め、名脇役として映画、ドラマに多数出演。趣味はバラの栽培と縦笛・ケーナ作り。

◆撮影/渡辺達生、取材・文/スペース リーブ

◆小学館が運営する『サライ写真館』では、写真家・渡辺達生氏があなたを撮影します。詳細は公式サイトhttps://serai.jp/seraiphoto/まで。

※週刊ポスト2018年4月13日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング