『西郷どん』 黒木華が新妻の焼きもちをどう演じるか注目

NEWSポストセブン / 2018年7月9日 7時0分

写真

史上最も展開が読めない大河の今後は(共同通信社)

 史上最も展開が読めないNHK大河ドラマ『西郷どん』は、7月15日から激動の維新前夜を描く「革命編」に突入する。関係者たちが漏らしたこの先の話を、少しだけ披露しよう。

◆物乞いと守銭奴──維新英傑の衝撃登場シーン

 15日放送予定の第26話から、桂小五郎(玉山鉄二)、勝海舟(遠藤憲一)、坂本龍馬(小栗旬)、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)が新たに物語に加わる。なかでも衝撃的な登場となるのが西郷隆盛(鈴木亮平)、大久保利通(瑛太)とともに維新3傑に数えられる長州藩士の桂。

 時は長州藩士ら尊王攘夷派が京から追放された八月十八日の政変の直後。NHK関係者はこう語る。

「桂は藩の信頼回復に向けた上申をすべく、一橋慶喜(松田翔太)と懇意な西郷に接近する機を窺っていて、みすぼらしい姿に扮している……という設定です。一方、岩倉は公武合体を推し進めたものの失脚し、洛外の荒村でボロ布を身にまとう生活を送っているところで、西郷と出会います」

 常に金づるを探していて“ヤモリ”と揶揄される岩倉が開く賭場で西郷は大負けし、小間使いにさせられるという展開だ。ちなみに歴史作家の井手窪剛氏によれば「桂の潜伏、岩倉の困窮は逸話としてあるが、その姿で西郷と出会うのはフィクション」とのこと。

◆居候・龍馬で黒木華との初夜が……

 29話で幼なじみの糸(黒木華)を3人目の妻に迎えた西郷だが、その直後から薩摩をずっと留守にし、ようやく戻ってくると、なんと龍馬が一緒という展開。

「盟友の勝が幕府に謹慎処分を受け、居場所に困った龍馬がいるせいで西郷と2人になれない糸は不満顔。黒木さんが“新妻の焼きもち”をどう演じるか注目です」(前出のNHK関係者)

※週刊ポスト2018年7月20・27日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング