坂本美雨が語る『俺、つしま』の魅力は自由気ままな描写

NEWSポストセブン / 2018年7月15日 7時0分

写真

坂本美雨が自由気ままな描写が魅力と語る『俺、つしま』の一コマ

 作画を兄が、文章とストーリーを妹が担当する兄妹ユニット「おぷうのきょうだい」さんが描いた漫画『俺、つしま』は2017年、彗星の如くツイッターに登場。そして、愛猫家を中心にたちまち話題に。

 4月26日に本が並ぶやいなや、書店では驚異の売れ行き。全国で売り切れが相次いだ。その後、重版を重ねて、現在は発売2か月で10万部を突破している。『ネコの扱い方』の著書もあるミュージシャン・坂本美雨さんは、その魅力をこう語る。

 * * *
 つしまを見ていると、幼少時から9才頃まで住んでいた高円寺の一戸建てを思い出します。

 今の時代、特に都心では病気予防や虐待防止で、猫は完全室内飼いが推奨されています。ですが一昔前は都心でも、猫が家の中と外を自由に出入りする光景が当たり前にあったんです。

 私が住んでいた東京の高円寺は特に野良猫が多くて、うちの中庭にもたびたび来てくれていました。もちろん来ればエサをあげるし、私の親はそこで寝泊まりができるように猫小屋まで作っていましたね。

 中には攻撃的な猫がいて、私も兄も「アシュラ」と名付けるほど怖くてなかなか触れなかったんですが、そういうところもかわいかったなあ。

 猫を飼いだしたのは7才の頃。庭で愛でるだけでは飽き足らず、私が拾った猫を初めて飼い猫として家に入れました。その時から30年近くずっと室内飼いです。

 それだけに、つしまたちが外で自由気ままに過ごしている描写が懐かしく、愛おしく映るんです。

※女性セブン2018年7月19・26日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング