孤立深める貴乃花親方 昭和の大横綱・大鵬の悲運を想起

NEWSポストセブン / 2018年8月27日 7時0分

写真

平成の大横綱は大鵬の悲劇を繰り返すのか

「一兵卒に戻って後進の育成に邁進する」──出直しを誓った貴乃花親方がさらなる試練に直面している。「協会改革」を掲げる平成の大横綱が、親方として再起を目指す道は一層、険しいものになりそうだ──。

 貴乃花親方が若手力士の稽古指導中に倒れたのは、8月21日。巡業先の秋田でのこと。審判部員の1人として巡業に同行していた貴乃花親方は、炎天下の山稽古で幕下の貴健斗を相手に股割りの指導をしていたとき、突然意識を失って仰向けに倒れ、痙攣を起こした。

 周囲の呼びかけにも反応しなかったが、救急車が到着した時点では意識を取り戻し、翌日には退院。東京へ戻って精密検査を受けたという。

 秋田で倒れるまでの間、貴乃花親方は巡業先で存在感を見せていた。

「どこに行っても、朝稽古に貴乃花親方が姿を見せると大歓声が沸き、取組で審判席に登場するとまた客席が沸く。サインや記念写真の撮影には、横綱の白鵬や稀勢の里も霞むほど、ファンが長い列を作る。改めて貴乃花親方の人気は凄いと感じた」(協会関係者)

 一方で、昨年秋の巡業中に起きた横綱・日馬富士(当時)による貴ノ岩(十両3)への暴行事件の対応を巡って八角理事長(元横綱・北勝海)ら執行部と激しく対立し、協会の中では孤立を深めてきた。

「再起を期す焦りもあったのではないか。倒れた日に限らず、巡業中は連日のように、部屋の若手力士を直接、熱心に指導していた。3月場所では当時十両だった弟子の貴公俊(たかよしとし)が付け人への暴行事件を起こし、親方として降格処分を受けただけでなく、世間からの風当たりも強くなった経緯がある。信頼を取り戻すには、何よりまず実力のある弟子を育てることだと考えているのでしょう。

 暴行事件後の休場で大きく番付を落としていた貴ノ岩が先場所、親方の期待に応えて十両優勝を果たしたが、“次の関取を早く育てなければ”という思いがあったのではないか」(同前)

◆壁を見たまま……

 復活を目指す貴乃花親方にとって、状況が厳しくなっていることはたしかだ。一連の騒動を経て、貴乃花親方は、3か月の間に理事から5階級も降格させられ、現在はヒラ年寄だ。その間に同志との距離も少しずつ離れていった。

 2月の理事選では一門の代表を阿武松(おうのまつ)親方(元関脇・益荒雄)に譲り、その後、一門の名前から貴乃花の名称を外すことを決断した。それを受けて発足した阿武松グループとも今は距離を置いている状況だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング