八千草薫が87才で過密スケジュールを続ける理由とは

NEWSポストセブン / 2018年8月30日 11時0分

写真

舞台終演後、スタッフの手を借りて帰宅

「かわいくてお守りしたくなる」「美しさとオーラにせりふが飛んだ」。舞台で共演する俳優陣にそう言わしめるほど、年を重ねても美しさが変わらない大女優。しかし、80才を超す体は悲鳴を上げていた。それでも、舞台に立ち続ける理由とはいったい。

 8月27日、東京・新宿の紀伊國屋ホールで舞台『黄昏』が千秋楽を終えた。87才という年齢をまったく感じさせない優雅で上品な美しさとオーラに見とれ、観客400人の口から感嘆の声がもれる。伸びのある歌唱力は、聴く者すべてをひきこんだ。2時間40分の長い舞台を終え、アンコールに立つ彼女に割れんばかりの拍手が送られる。しかし、緞帳(どんちょう)がゆっくりと下りはじめ、舞台と客席を遮ると彼女の息は大きく乱れ始めた──。

 自信家で強気な面を見せながらも迫りくる老いに怯える夫と、自らも老いを感じながらもポジティブに生きようとする妻。舞台『黄昏』は米劇作家アーネスト・トンプソンの戯曲で、避暑地にある湖畔の別荘でひと夏を過ごしながら、少しずつ老いを受け止めていく老夫婦と、その娘たちの物語だ。

 舞台では八千草薫(87才)が主役の妻・エセルを演じ、夫役の村井國夫(73才)との機知に富んだ会話と朗らかな笑顔で観客を魅了した。

 八千草がエセルを演じるのは2003年、2006年に続いて3度目で、12年ぶりのこと。公演に先立って八千草は、「年齢的に無理なんじゃないかと周りに言われていた」「またやりたいと思っていた」と率直な思いを明かしていたが、実際、舞台出演に反対する関係者も少なくなかった。

「八千草さんは4~6月にもテレビドラマに出演していて、この時期はお休みをとる予定だったそうです。87才の体力を考えても当然でしょう。しかし『黄昏』の舞台オファーが入ると本人がどうしても出演したいと休み返上で引き受けた。7月上旬から1か月以上、酷暑の中稽古は続きました。よく千秋楽までもってくれたというのが本音です」(芸能関係者)

 今年の夏は体調も崩していた。人一倍健康管理に気を遣ってきた八千草だが、毎日欠かさなかった散歩も見かけられなくなっていた。

「ドラマ終了後の6月下旬に体調を崩して検査を受けていました。たいしたことはなかったのですが、稽古してはふらふらとなって、という状態を繰り返しながら舞台初日を迎えました。万が一のことがあってはならないと、楽屋はいつも緊迫していました」(舞台関係者)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング