B型は糖尿病、AB型は認知障害、O型は胃潰瘍になりやすい

NEWSポストセブン / 2018年9月20日 7時0分

写真

B型はどんな病気に注意?

 血液型と言えば、日本では「性格診断」や「占い」のイメージが強い。だが、海外の医療機関では、血液型によって「病気リスク」が変わるという相関関係が最新研究によって明らかにされつつある。

 血液型と病気との関係を理解するうえで重要なのは、それぞれの血液型が、血漿中に異なる「抗体」を持つことだ。抗体は、ウイルスや細菌などの異物を体内から追い出すはたらきを持つ。東京大学医学部付属病院放射線科准教授の中川恵一医師が解説する。

「研究が進められている段階なので断言はできませんが、それぞれの血液型が異なる抗体を持っていることが、病気の発症リスクと関わっているのではないかと考えられています」

 また、血液型と認知機能との関連も指摘されている。

 2014年の米・バーモント大学調査では、約3万人を対象に、3種類の認知機能検査を行なった。そのうち、2種類以上で認知機能の低下が認められた495人のグループと、認知機能障害を発症しなかった587人のグループの血液型を比較している。

 その結果、「AB型」の認知障害発症リスクは、O型に比べて1.82倍も上昇したのだ。

 2014年にフランス国立保健医学研究所が発表した調査では、「糖尿病」リスクが最も高いのは「B型」だと示されている。

 約6万人を約18年間にわたり追跡調査した結果、糖尿病の発症率が最も低かったO型に比べ、B型の発症リスクは1.21倍高かった(AB型は1.17倍、A型は1.1倍高かった)。

 胃がんや膵臓がん、脳卒中など様々な病気において、O型の発症リスクは低い結果が出ているが、逆にO型が最も発症しやすい病気は「胃潰瘍」と「十二指腸潰瘍」である。

 2017年に医学誌『Journal of Epidemiology』に発表された研究によれば、O型の「胃潰瘍」発症リスクは1.15倍、「十二指腸潰瘍」リスクは1.3倍高かった(ともに、発症リスクが最も低いA型との比較)。研究グループメンバーで、群馬大学大学院教授の林邦彦氏が解説する。

「O型はピロリ菌が胃壁にくっつく力が強いことが分かっており、胃潰瘍リスクを高めたと考えられます」

 本来、胃がん発症にもピロリ菌が関連するはずだが、前述の通り、O型の胃がん発症リスクは低い。この理由は現段階で分かっておらず、さらなる研究が待たれる。

※週刊ポスト2018年9月21・28日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング