元いいとも青年隊ホームレス告白 残飯食べ通行人に「金くれ」

NEWSポストセブン / 2012年1月1日 7時0分

写真

ホームレス経験を語った岸田健作

いいとも青年隊として『笑っていいとも!』(フジテレビ系)に出演、“おバカキャラ”で数多くのバラエティー番組などで人気を集めていた岸田健作(33)。約7年前に芸能界を去ったあと、都内の公園で人知れずホームレス生活を送っていた。現在は芸能界に復帰し、ビジュアル系バンドのボーカルや俳優、タレントとして活動しているが、一時は華やかな世界に身を置きながら、なぜホームレスに“転落”してしまったのか。本人を直撃した。

――ホームレス生活はいつごろ?

岸田:26才のときです。18才でデビューして7年間活動した後に芸能界を辞めまして、その数か月後ですね。

――芸能界を辞めるきっかけは?

岸田:それまでおバカキャラといわれていましたが、キャラクターじゃなくて実際にバカでしたから、そのギャップに戸惑いを感じ始めるようになったんです。電車の埼京線は池袋、渋谷、新宿とか主要な駅ばっかり止まるから“最強”な電車だと思ってたりとか(笑い)。

番組とかで普通にサラリといったことがワッと笑われたときに、なんで笑われてるのかわからなくて。人を笑わすっていうんじゃなくて、単純に笑われてるだけだった。キャラクターではないことに恐怖感を覚えて…。

――恐怖感というと?

岸田:芸能人としてもそうだし、人間としても今後に不安がありましたね。25才過ぎてどんな大人になっちゃうんだろうとか、自分には特別な芸が何も備わってないとか。能力がないのがわかればわかるほど、そんな自分が公共の電波を使っていいのかって。努力して成功したほんのひと握りの人が出られるのが芸能界じゃないですか。『笑っていいとも!』なんかは特に。そんなところに自分が立っていいのかなって。

――都内に実家もあるのに、なぜホームレスに?

岸田:「アルバイトすればよかったじゃん」ってよくいわれるんですけど、アルバイト経験がなかったのでやり方もわかんなかったんですね。初めからホームレスをする場所は代々木公園と決めてたんですが、ストリートダンサーとかミュージシャンとか芸人とかが、将来を夢見て練習しているエリアがあったんです。芸がないコンプレックスを持った自分が、そういう人の姿を見て何かすごく刺激を受ける場所なんじゃないかなって思ったんです。お金がないだけなら実家に帰れば済む話じゃないですか。そこを選ばなかったっていうのは“あえて”です。

――実際ホームレスを経験してどうでしたか?

岸田:もう過酷でしたね、すごく(笑い)。季節は夏でしたけど、冬だったら死んでましたね。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング