根尾昂にドラフト直前インタビュー「プロで25年やりたい」

NEWSポストセブン / 2018年10月20日 7時0分

写真

根尾昂は練習前に「黙想」する(写真/マスターズスポーツマネジメント)

 10月25日に開かれるプロ野球ドラフト会議において最大級の注目を集めることが確実なのが大阪桐蔭・根尾昂である。『4千分の1の名将』(大和書房)を上梓したスポーツジャーナリストの古内義明氏が、入学以来取材してきた根尾をドラフト直前に独占インタビュー、その心境に迫った。

──史上初となる2度目の春夏連覇を達成し、投手として2勝、打率.429、3本塁打、5打点という今夏を振り返ると?

根尾:すでに2ヶ月が経って、遠い昔のように感じます。満点ではなかったですが、僕が出来なかった点を周りのバッター、打順で言ったら僕の後ろのバッターがうまくカバーしてくれたおかげで勝てたかなと思います。自分自身の点数をつけるとしたら、70点から80点くらいじゃないかと思います。

──小さい頃から憧れていた甲子園の優勝は、どんな感覚でしたか?

根尾:日本一の高校に行かせてもらって、自分もそのメンバーの一員になりたいと思っていました。1年の春の選抜では勝てなくて、簡単になれるものじゃないということを、自分たちの代は全員痛感したので、かなり上を想像してやっていました。1年の春の選抜では先輩たちに優勝させてもらって、もう頭の中が真っ白になったので、どんな感じだったかあまり覚えてないくらいでした。そして、3年になっての春夏連覇でしたから、自分でもそれだけのことをやってきたという自信はあると思います。

──甲子園はどんな場所でしたか?

根尾:2年生の時は自分のことで精一杯だったというか、3年生の先輩が上手くやらせてくれていて、(甲子園に)行かせてもらったという感覚の場所でした。ただ、2年の秋からはやっぱりもう1回選抜で優勝しないといけない、3年の夏にはもう一回優勝しないといけないというところで……。自分たちで何とか苦しいところも乗り越えていけました。思い出の場所ではないですが、最後に勝てて終わったので良い印象があった場所です。

──この3年間、どんな時に自分が充実していると感じましたか?

根尾:マウンドにみんなで集まった時だったり、勝った試合で、みんなで校歌を歌っている瞬間に、「良かった!」と。校歌を歌えるな、という感じになります。

──高校生活でやり残したことは?

根尾:2年の夏の甲子園で勝ちきれなくて……。今年の夏は良い思いで終わりましたが、昨夏はやっぱり先輩たちはやり切れなさというか、最後の最後で後悔させてしまったところがあったので、昨夏負けた分、もう負けたくないという気持ちが強かったので、そこですかね、昨夏から秋にかけてはけっこう厳しかったです。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング