夏のかゆみ止め薬「ムヒ」メーカー 冬には何をやっていたのか

NEWSポストセブン / 2012年1月18日 16時0分

「ムヒ」といえば、夏の商品のイメージがあるが、実際は乾燥からくるかゆみを抑える「ムヒソフト」、指のひびをケアする「ヒビケア」、そして足のひびをケアする「ヒビケアFT」という「冬にもMUHI」の3商品が冬の主力として存在する。ムヒを製造する池田模範堂の池田欣史専務に、失礼ながら「昔は冬に何をやっていたのですか?」と聞いてみた。以下、池田氏の話である。

* * *
「冬にもMUHI」というCMを今OA中ですが、多くの人から「意外でした…」と言われます。やはり、ムヒといえば、夏のかゆみ止め薬のイメージが強いのでしょうね。そして、同様に聞かれるのが、「御社の社員は冬に何をやっているの?」ということです。

私が入社する前の話を聞いてみると、機械の整備、掃除ばかりやっていたそうです。でも、さすがにそればかりやっていても面白くない――ということで、多角化を考えたようです。多角化の中で、ひとつ考えたのは、ジュースとかジャムの製造です。富山に池田果樹園という場所がありますが、初代の社長が60歳くらいで会社を私の父親に譲り、果樹園の園長をやり、リンゴ、ブドウ、柿を作っていたのです。

それらの一部を贈答用にし、お中元、お歳暮などで送っていたのですが、段々と商売っ気が出て、富山空港や料亭などに卸すようになりました。結局、自分のところの果樹園では足りず、山形などから果物を仕入れ、冬場暇な人用の仕事としていた時期もあるようです。仕事内容といえば、リンゴの芯抜きや、皮むきなどでしょうか。

あとは、介護機器を作っていたこともあります。とにかく商売のネタを探して来い、という風潮があり、介護機器、機能性食品、自衛隊向けの迷彩スカーフ、虫除けスカーフ、競馬協会にウレタンフォームの脊髄を守るものを作ったりしました。ニーズがあるところに対し、なんでもかんでも手を付けたといって良いかもしれません。

大体、夏場だけで商売は終わっていたのですね。8月くらいになると、夏場の生産は止まっていました。富山ですから、田んぼ持ちの従業員も多いので、10月とかになると、会社を休んで農作業をしていたりした。でもね、当然、医薬品ラインが空いているので、そういう空いている期間を埋めるような商品があった方がいいのは間違いないんですよ。それでも商品を出せない時代が続いていました。

現在、冬物の柱である「ムヒソフト」は発売開始から16年が経ちました。池田模範堂100年の歴史のうち、80年くらいは夏だけ稼働していました。冬は、工場にいなかったので、従業員の気持ちは語れませんが、どんな日々を過ごしていたのでしょうか。暇で苦しかったのではないかと思います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング