年金で得するには妻の年収130万円以下、最大19年11か月で退職

NEWSポストセブン / 2012年1月12日 7時0分

サラリーマンの妻(専業主婦)は年金制度では「第3号被保険者(3号)」と呼ばれ、保険料を負担せずに基礎年金(国民年金)を受け取れる仕組みになっているが、妻が就職することで年金を増やすことも可能だ。

妻の再就職を考える場合、パート勤務であっても厚生年金に加入できる“年金制度上の正社員”になることが、妻の年金額を大きく増やす早道だ。特に40代以下の世代なら、定年まで共働きすれば厚生年金加入期間を20年近く延ばせる。仮に平均月給15万円で20年間勤めれば、年金額は月額で8万2000円(基礎年金を含む)。専業主婦の月額から1万6000円アップする。日本人女性の平均寿命(86歳)まで生きたら、実に400万円以上も得するのだ。

ただし、妻が厚生年金に20年以上加入すると、年額22万7000円の「加給年金」がもらえなくなる(妻が年下の場合)。「年金博士」として知られる社会保険労務士の北村庄吾氏はこう解説する

「年金受給額だけで考えた場合、20年強の勤務では“働き損”になってしまいます。加給年金とのダブル受給を目指すなら、最大19年11か月で退職するといい。厚生年金の加入期間は結婚前などのOL勤めの時期を含むので、足し忘れに注意してください」

厚生年金に加入しないパート主婦として働く場合は、年収130万円を超えると妻は「3号」ではなくなり、国民年金に加入して月1万5020円の保険料支払いが生じる。これではせっかく働いても、保険料の払い損になりかねない。

「妻の就職」は子育てなどの問題も絡むだけに、銭勘定だけで決められるものではないが、年金額が爆発的にアップする魅力は捨てがたい。

※週刊ポスト2012年1月13・20日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング