小室圭さん、NYでセレブ生活 母・佳代さんはひきこもり状態

NEWSポストセブン / 2018年11月15日 16時0分

写真

母はひきこもるように暮らしているという(写真/共同通信社)

 秋はニューヨークが最も美しい季節といわれる。晴れ上がった空、冷たく澄んだ風、舞い散る木の葉。まるで絵画のようなフォーダム大学ロースクールのキャンパスの中庭を11月上旬の平日朝9時ちょっと前、1人の日本人男性が駆けるように早足で歩いていた。

 秋篠宮家の長女・眞子さま(27才)との婚約が延期となった小室圭さん(27才)だった。黒いジャケットに黒いパンツというシックな服装。大きめの黒いビジネスバッグは、東京の法律事務所にパラリーガルとして勤務していた頃にいつも持っていたものと同じだ。

 すれ違った学友と笑顔で挨拶を交わすと、シティーホテルのようなスタイリッシュな外観の建物へと消えていった。

「マッケオン」と名づけられたその高層ビルの低層階は大学の教室で、高層階には学生寮が入る。いたるところに大小の絵画やオブジェが飾られ、高い天井とらせん階段とガラス張りの廊下。眼下にニューヨーク屈指の複合文化施設「リンカーンセンター」を見下ろす高層階にある寮の一室で、小室さんは寄宿生活を送っている。

 その日、2階の大ホールには世界中の法律の専門家が集まり、「国際的な調停」に関する学術会議が開かれていた。

 小室さんもその出席者の1人だった。彼の横には、教授と思しき初老の外国人男性。ランチタイムになると、そのままダイニングルームへ移動し、流暢な英語を駆使し、笑顔で会話をしながら昼食をとっていた──。

 フォーダム大学は、トランプ大統領(72才)らを輩出した、全米でも屈指のセレブ大学だ。小室さんのように3年間学ぶには、学費や寄宿生活費用を含め、3000万円ほどかかるとされる。

「大学がわざわざホームページで“プリンセス・マコのフィアンセ”と小室さんの入学を紹介し、VIP待遇での留学生活です。年間700万円ほどの学費は、200人ほどの留学生の中から1人だけ選ばれる奨学金で支払った。日本の弁護士資格も持たず、大学で法律の勉強もしたことのない小室さんをニューヨーク州の弁護士試験に合格させるため、大学側はマンツーマンで教授の指導を受けさせているそうです。これで小室さんが合格したら、大学の評価が上がると考えているのでしょう」(外務省関係者)

 授業開始は朝9時。1コマ3時間近いものもあり、終業は夜9時頃。大半は「マッケオン」の3、4階の教室で行われる。勉強の合間にはキャンパス内にあるトレーニングジムで汗を流すこともあるようだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング