いまや珍しくない「特殊詐欺家族」 身内が巻き込まれる事情

NEWSポストセブン / 2018年11月21日 16時0分

写真

家族や親族が力を合わせるのは良いことなのだが...

 2018年カンヌ映画祭で最高賞パルムドールを受賞した『万引き家族』(是枝裕和監督)での、犯罪によってつながる家族のあり方に衝撃を受けつつも、これはフィクションの世界の話で、現実ではないと考えていた人が多いはずだ。ところが近年は、特殊詐欺の分野で、家族ぐるみの犯行が露見して逮捕されるケースが目立つ。ライターの森鷹久氏が、近年になって目立つ「特殊詐欺家族」の様子をレポートする。

 * * *
「万引き家族」ならぬ「特殊詐欺家族」がいた──。

「父親の宮腰和夫と母親・春美、その娘の計三人が特殊詐欺に関わっていたとみられます。長野県内に住む和夫の父は、和夫のギャンブルで一家の家計がひっ迫していた、と話しています。和夫はATMなどを使って特殊詐欺グループの口座から金を引き出す"出し子"を、母と娘は父が引き出した現金をコインロッカーなどに出し入れしたりする"運び屋"をやっていたそうです」

 驚きを隠せない様子でこう話すのは、全国紙の警視庁担当記者。ちなみに、この家族には他にも子供がいたが、犯行には加わっていないと見られている。とはいえ驚くべき「家族ぐるみ」での特殊詐欺事件だ。こんな家族は特別なのだと思いたいところだが、実は他にも起きていた。

 上記の家族が逮捕される少し前、息子が2017年10月に特殊詐欺によってだまし取った400万円を受け取ったとして、宮崎県の女が組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)の疑いで逮捕されていたのである。前出の記者が続ける。

「息子が逮捕され、カネの流れを調べる突き上げ捜査で発覚したようです。母親は“どんなカネか知らない”と言っていたようですが、確かに見極めは難しい。仮に気が付いていたとしても、自分を守るためだけでなく、かわいい息子のためにシラ切るでしょう」(全国紙記者)

 突き上げ捜査とは、組織邸に行われる犯罪について、逮捕した末端メンバーを追求することで全貌をつかむ捜査方法のこと。組織全体を摘発するための方法としてよくあるやり方だが、取り調べが苛烈になりやすいことでも知られている。その突き上げ捜査の一環として取り調べられたにもかかわらず、母親は「知らない」という証言を崩さなかったのだ。

 特殊詐欺に子供が手を染めていると気づきつつも、一言も漏らさない親の気持ちに、近隣住民も同情的になりやすい。たとえば2015年、東京都内在住の男・Xが特殊詐欺事件で逮捕された事件でも、九州地方にあるXの実家と家族ぐるみの付き合いがあったという男性・Aさんは、当時の状況を次のように振り返る。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング