ピラミッド、モアイ、マチュピチュ 巨石文明は一本線になる

NEWSポストセブン / 2012年1月15日 7時0分

世界各地に散らばる古代文明。そこには多くの遺跡が残されている。それらひとつひとつは、地球上の遠く離れた場所でバラバラに発生したように思われるが、実はそうではない。驚くべきことに共通の技術が使われているのだ。

たとえば、巨石を積み重ねて、精緻な建造物を造る技術は、ピラミッドだけに見られるわけではない。同様の技術が、ギザからはるか距離のあるところで発達していた。

ピラミッド同様に謎深いイースター島にあるモアイ像は、最も大きなもので重さが100トンあり、約14km離れた採石場から切り出した石を、どうやって運んだのか現在でも不明だ。さらにイースター島のバイナプには、石と石が精緻に加工され、ピタリとはめ込まれた石垣が存在する。

同じような石の運搬・加工技術は、ペルーの遺跡群にも見られる。マチュピチュの空中都市は標高2000mに位置し、どのようにして10トンもの石を運び上げたのか、いまだに謎とされている。同じくペルーの遺跡であるサクサイワマン城壁も、サイズの異なる巨石を組み合わせて一分の隙間もない城壁が建造されている。

不思議なのは、これらペルーの遺跡群とイースター島を結ぶと、その線上にギザがあり、3つの文明が一直線上に並ぶのである。さらに、メキシコのテオティワカン遺跡にもギザと同様、3つのピラミッドがある。このテオティワカンからギザを直線で結び延長していくと、中国の陝西省西安に到達し、そこには何百もの「泥のピラミッド」が存在している。

つまり、ペルーの遺跡とイースター島を結ぶ線と、テオティワカンと中国陝西省を結ぶ線がクロスした点にギザがあるということになる。ギザは世界の「巨石文明」の中心だったのだろうか。

※週刊ポスト2012年1月27日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング