壮絶ガン死の杉原輝雄氏 家族は病状を新聞やメールで把握

NEWSポストセブン / 2012年1月15日 16時0分

昨年12月23日、闘病生活を続けてきたプロゴルファーの杉原輝雄氏が亡くなった。1997年に前立腺がんを宣告されて以来、手術を受けずに闘病生活を送ってきた杉原氏。その壮絶な闘病生活を、ジャーナリスト・鵜飼克郎氏がレポートする。(文中敬称略)

* * *
がん患者と家族の付き合い方は難しい。その中で杉原は、「すべて自分で決める」という道を選んだ。

「オヤジはすべて自分で対処し判断してきました。お袋にも事後報告。だから家族は、オヤジががんになったことも新聞報道で知り、リンパ節への転移も友人からのメールで知ったくらいです」(長男の敏一)

どうして杉原は「自分で抱え込む」という選択をしたのか。杉原に師事した関西のプロゴルファーの一人はこう語る。

「“一度コースに出たらピンチやトラブルは誰も助けてくれへん。すべて自分一人で乗り越えなアカン試練なんや”というのが杉原さんの教え。特に杉原さんは独特の技術と反骨精神で、AON(青木功、尾崎将司、中嶋常幸)に立ち向かっていった。

飛ばない分、アプローチとパターを磨き、47インチの長尺ドライバーやツーピースボールをいち早く取り入れた。シニア入りする頃に“ジャンボ(尾崎)が出てこなかったら今の僕はなかった”とようやく認めるようになったが、若い頃から自分の弱い面を周囲に見せたことがなかった」

そうした自負が背景にあったというのだ。敏一が続ける。

「オヤジは他人に心配されるのが大嫌いなんです。ゴルフはもちろん、私生活でも気を遣われたくないため、すべて自分一人で対処してきた。がんが転移するまでは病院での検査結果もオヤジが聞いており、家族の誰にもはっきりした数値を伝えていなかったほどです。特に僕の場合、子供ではなく弟子として扱われていたので……」

プロゴルファー・杉原輝雄の代名詞であり、現役時代から彼を支えてきた“負けん気”が、このような環境を作っていたのかもしれない。昨年1月の杉原の言葉。

「ゴルフも病気も闘争心が大事。僕は道具の進化を利用して非力をカバーしてきたが、それも若手に負けたくないという闘争心があったからこそ。僕はそう思ってがんと闘ってきた。だからがんに負けたと思った時点で僕は終わりなんや」

※週刊ポスト2012年1月27日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング