婚活パーティー 気に入り女性を「お茶に誘う」は非効率の証言

NEWSポストセブン / 2012年1月22日 16時0分

なぜ今、男も女も結婚できないのか。「婚活」の裏側をルポした「婚活したらすごかった」(新潮新書)の著者、石神賢介氏に結婚できない男女の実態を聞いた。(聞き手=ノンフィクション・ライター・神田憲行)

* * *

石神賢介氏は1962年生まれのバツイチ、フリーライターである。そんな普通のおじさんが婚活でなぜイイ思いをしたのか。婚活必勝法を語る。

――婚活で石神さんのようにたくさんの女性と出会うにはどうしたらいいでしょうか。

石神:6年間で婚活パーティとネットの婚活サイトを利用しているんですが、毎日ずっとやっているわけではありません。ただ始めたら集中的にやる。するとだんだんリズムが出てきて、女性にも話しかけやすくなってくるんです。

だらだら続けるより、短期集中がお勧めです。それと要領もよくなってくる。たとえば婚活パーティだと、終わった後に男性が外で待っていて、そのまま親しくなった女性とお茶に行ったりする光景があるんですが、あれは実は非効率的です。

――そのまま女性とお茶に行くのはダメなんですか?

石神:だって、ひとりしか相手出来無いじゃないですか。パーティに行くと複数の女性と連絡先を交換することが出来ます。だからその日はいったん帰宅して、あとから知り合った女性全員に連絡を取る。その中からだんだんお付き合いしたい人を絞っていく。

また、パーティも同じ会場で年齢層を変えて三回転ぐらいで行われるのが普通なんですが、1回目のパーティに参加すると「次の回も参加しませんか。男性が少ないんですよ」とスタッフから誘われることがあるんです。

年齢制限が若くて本来参加資格は私にはないんですが、ディスカウント料金で、若い女性と知り合えるチャンスです。ただ1日3回もパーティに参加すると集中力がなくなってダメですけれど(笑)

――でもそれだけ出会えたのに、なぜいまだにゴールイン出来無いのでしょうか。

石神:出会いすぎて、いろんな「ダメになるパターン」ばかり経験したのが良くなかったと思います。だから女性とお付き合いが始まっても、「これはあのパターンだな」とすぐ悪い連想が働く。

あと、婚活が中毒化してくると、「また見つければいいや」思ってしまい、結果的に粘りがなくなった。過去に付き合った人以上の魅力を相手に求めてしまうのもあります。婚活のやり過ぎも良くないんですよね。(了)




【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング