宇部市「奇跡の宝くじ売り場」 当せん金は販売額よりも多い

NEWSポストセブン / 2012年1月25日 7時0分

 山口県宇部市にある「宇部琴芝チャンスセンター」で、3年連続となる年末ジャンボの1等1本と前後賞2本のあわせて3億円の当たりくじが出た。

 宇部市は人口17万人の小さな街。にもかかわらず、宇部琴芝チャンスセンターは2009年の年末ジャンボで1等2本と前後賞2本の計6億円を出したため、それ以来、宝くじファンの間で「奇跡の売り場」と呼ばれるようになっている。

 ところで、気になるのが、この売り場がそのときの年末ジャンボでどれくらいの枚数を販売していたのか。ということだ。宇部琴芝チャンスセンターを運営するCLC山口支店にたずねてみると、

「具体的な枚数はお答えできませんが、宇部琴芝チャンスセンターで販売した宝くじの総額は3億円よりも少ない額です」

 とのことだ。つまり、もしこの売り場で宝くじ全部を買い占めていれば、購入額を上回る当せん金を獲得できたことになる。山口県宇部市に立ち寄る機会があれば、宝くじを買うといいかもしれない。

※女性セブン2012年2月2日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング