小室圭さん、仕事の会食の席に眞子さま同席させたことも

NEWSポストセブン / 2018年12月11日 7時0分

写真

小室さんの行動に「皇室利用」の疑念(撮影/JMPA)

 秋篠宮さまが、11月30日の53歳の誕生日に先立って、同月22日に記者会見に臨まれた。そこで秋篠宮さまがお話になった眞子さま(27才)とその婚約内定者である小室圭さん(27才)の結婚延期問題について、ざわめきが起こっている。

 眞子さまとの婚約内定会見の後、小室さんの母・佳代さんの金銭トラブルなどが報じられ、小室さんへの社会の見る目は厳しいものとなっている。秋篠宮さまは、そうした背景があってか納采の儀を行えないと発言された後、しばらく考え込むように黙られ、こう言葉をひねり出された。

《私が今お話しできるのはそれぐらいのことになります》

 ご夫妻が小室さんに対して抱く疑問で、会見では語られなかったことがある。それは、「皇室利用」と指摘されてもしかたない小室さんの行動だ。

「小室さんは、仕事の会食の席にも、眞子さまを同席させることがあったそうです。具体的にビジネスに結びついたのかはわかりませんが、“内親王の彼氏”であることをアピールすれば、小室さんの信用を増すことができたでしょう。そのように、眞子さまの立場を利用することを、ご夫妻は心配されていたそうです」(宮内庁関係者)

 小室さんの留学先のフォーダム大学ロースクールは、ニューヨークの一等地にあり、年間の学費は700万円ほどとされる。大学で法律を専門に学んだことのない小室さんに、授業料免除の奨学金が付与され、ニューヨーク州の弁護士試験に合格させるためのマンツーマン指導も行われているという。

 そうしたVIP待遇が受けられるのも、同大学がホームページに記し、宮内庁の抗議によって消された“プリンセス・マコのフィアンセ”という立場にある人物だとみなされているからだろう。

 陛下を中心として、皇族方が厳に慎んできた「立場の濫用」を小室さんがしているならば、それは皇室への国民の信頼を揺るがす事態だ。

 今回の会見で、秋篠宮さまは「公の場で納得のできる説明をし、国民に祝福される」という条件をクリアすれば、結婚もやぶさかではないという立場を取られた。

「しかし、借金問題の発覚から1年、そして婚約延期の発表から10か月が経とうとしているのに、小室家は頑なに対応を拒むどころか、小室さんは周囲に、“ご夫妻はいくら話しても、ぼくの話をわかっていない”と話しているそうです。両家は、文字通りに『言葉が通じない』状態です。国民の祝福どころか、記者会見のような公の場での説明さえ、実現は難しいでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 金銭トラブルを抱える、小室さんの母・佳代さんの元婚約者は語る。

「両殿下の会見をどう受け止めたのか、小室親子からまったく接触はありません。彼らはこれまで、トラブルを起こす度に、相手が呆れて距離を置いても、自分たちの解釈で“解決した”“やはり自分たちが正しかった”と思ってきました。何か問題が起きても無視を決め込むのが、小室親子の今までのやり方。今回の金銭トラブルも、世間が忘れるまでじっと待つつもりなのか…」

※女性セブン2018年12月20日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング