元貴乃花が漏らした離婚の本音「りえさんの時と同じ」の意味

NEWSポストセブン / 2018年12月11日 7時0分

写真

心中は複雑?(時事通信フォト)

 理事解任に始まり、電撃引退、(河野)景子夫人との離婚まで、2018年の角界を騒がせ続けた元貴乃花親方。テレビ出演時は、「結婚を“卒業”しようということで、2人で決めました」と説明したものの、その心中には複雑な思いがあるようだ。タニマチの一人はこう話す。

「離婚のニュースを見て驚いて連絡したところ、親方は『(宮沢)りえさんの時と同じです。僕が悪者になればいい』と口にしていた。本当はつらいのに、耐えているのでしょう」

 20歳にして大関をうかがう「貴花田」と、19歳の人気女優・宮沢りえとの婚約が発表されたのは1992年11月のことだった。“スーパーカップル”として、注目を集めたが、わずか2か月で破局に至る。

「親方は会見で、“愛情がなくなりました”と話し、りえさんは破局後に激やせ。親方のほうがずいぶん叩かれました。ただ、実際にはりえさん側が結婚後は芸能界を引退するという話を反故にしたことが、破局の原因といわれている。

 親方は多くを語らないから今でもはっきりしないところがあるが、婚約発表後にりえさんへのオファーが殺到し、“りえママ(光子さん)”が翻意するなど、最後に両家の話し合いが決裂したという。それでも親方は表向き“あくまで自分の責任”というスタンスを貫いた」(前出のタニマチ)

 今回も、「卒婚」という表現で平穏な別れを強調しているが、胸中には別の思いがあるとみられているのだ。

「実態としては、親方が思い描く“女将さん像”から、景子さんがかけ離れていったところが大きいでしょう。彼女は講演などの活動をどんどん拡大し、本場所中もそうした予定を入れていた。さらに昨年、弟子の貴ノ岩が暴行を受けた事件以降は溝が深まった。夫婦で部屋や弟子を守らなければいけないのに、景子さんに連絡が取れなかったりする状況があった。ただ、親方はそうした話を対外的にはしない」(後援会関係者)

 その状況が“りえさんの時”と重なっているということなのか。

※週刊ポスト2018年12月21日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング