うどんと「揚げお好み焼き」と牛乳の給食献立に栄養士絶句

NEWSポストセブン / 2012年1月25日 7時0分

写真

給食メニュー見て「もはや思考停止」と栄養士

砂糖と油は控え、カロリーをコントロール。食べ合わせも考え、栄養バランスに気を配る――健康レシピをいくら家庭で実践したところで、給食に問題があれば元も子もない。そう懸念せざるをえない現状を指摘するのは、『変な給食』『もっと変な給食』(ブックマン社)を上梓した栄養士の幕内秀夫氏。日々、全国の学校献立に目を通す幕内氏が再現した「変な給食」のひとつとして、埼玉県新座市の給食を紹介する。

メニューは、関西うどん、お好み揚げ(お好み焼きを揚げたもの)、牛乳。幕内氏はこの給食メニューについて、こう解説する。

「新座市の献立は、他地域と比べて非常に貧しい印象を受けます。もはや思考停止しているとしか思えない組み合わせも多い。少ない品数でカロリーを稼ぎ、満腹感を与えるには揚げ物が効果的ですが、果たしてお好み焼きをさらに揚げる必要があるのでしょうか」(幕内氏)

撮影■中村太

※週刊ポスト2012年2月3日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング