「勉強ができる母×息子」が最強の組み合わせ?その理由は

NEWSポストセブン / 2018年12月14日 11時0分

写真

子供の学力と親の学歴との関係

〈父親よりも母親の遺伝子が子供の学力に影響する〉。そんな新説が今、世の中のお母さんたちをザワつかせている。

「この先、『なんでできないの!』という叱り方は、天に唾する行為ってことですよね」(44才主婦)
「いくら子供のテストの点が悪くても『パパの子だからしょうがない』とは口が裂けても言えないってことなの?」(32才事務員)
「わが子の将来、終わったかも…」(39才会社員)

 あまりにショッキングな言説が世に出回るきっかけとなったのは、2018年3月に文科省が公表した報告書だ。

 この報告書は、全国の小学6年生、中学3年生延べ200万人に実施した「全国学力・学習状況調査」(通称・全国学力テスト、2017年度)と、「両親の学歴」「所得」「就業時間」などを尋ねた保護者12万人へのアンケートをもとに、家庭内のどの要因が子供の学力に影響するかを分析したもの。

 分析の結果、「父親の学歴」よりも「母親の学歴」の方が、子供の学力に影響することがわかった。

 これを受けて『週刊現代』(11月24日号)は、《わが子が勉強できないのは母親のせい、父親は関係ない》という記事で、母親の学歴どころか、「母から受け継いだ遺伝子が子供の学力を左右する」と主張した。

 にわかに湧き上がる「子供の学力は母親が決める説」は、果たして本当か──。

◆「勉強のできる母×息子」が最強の組み合わせ

 渦中の文科省の報告書で大きな注目を集めたのは、小6、中3ともに、それぞれが受験した4科目すべてにおいて、母親の学歴の高低にともなう正答率の差が、父親のそれより大きかったことだ。

 たとえば中3の数学Bでは、父親の最終学歴が「高等学校・高等専修学校」の子供の平均正答率は44.1%で、「大学」は56.5%。その差は12.4ポイントだった。

 だが母親が「高等学校・高等専修学校」卒だと正答率は43.3%。「大学」卒になると60.0%で。その差は16.7ポイントに拡大する。これらの結果から、母親の学歴が子供の学力に大きく影響するとの説が生まれた。

 そもそも、子供の学力は遺伝が大きく影響する。教育心理学者のアーサー・ジェンセン氏は1969年に「知能の7割は遺伝によって決まる」という内容の論文を発表している。

 また、最新の研究から、『日本人の9割が知らない遺伝の真実』(SB新書)の著者で、慶應義塾大学教授(行動遺伝学)の安藤寿康さんがこんな指摘をする。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング