重症だと透析が必要に IgA腎症の多くは血尿によって見つかる

NEWSポストセブン / 2012年1月29日 7時1分

慢性腎炎の30~40%を占めるのがIgA腎症だ。腎臓の糸球体に、免疫グロブリンA(IgA=抗体の一種)が付着して炎症を起こし、腎機能が低下する病気で、重症では腎不全で透析治療が必要になる。健康診断で血尿が見つかったことがきっかけで発見される例が多い。ステロイド治療の他、扁桃摘出とステロイド薬を併用する扁摘パルス療法が実施され、早期では寛解する例も多い。

腎臓には毛細血管が糸玉のようになっている糸球体が片方に約100万個あり、血液がこの糸球体を通過する間に老廃物がろ過されて、血球成分とたんぱく質は保持される。

ここに免疫グロブリンA(IgA)が付着し、炎症が起こると糸球体の一部が壊れ、血液成分やたんぱく質が漏れ出てしまう。糸球体は一度炎症で破壊されると元に戻ることは難しく、次第に硬化して腎不全となり、透析治療が必要となる。IgA腎症は慢性腎炎の30~40%を占めているが、かなり進行しないと自覚症状はない。

順天堂大学病院腎臓内科の鈴木祐介准教授に話を聞いた。

「発症のピークは15~20歳と40~45歳で、男性患者が多いといわれますが、40代女性は健康診断を受ける機会が男性に比べて少ないため、発見率が低い可能性もあります。毎年約6500万の健診受診者のうち3~5%に尿潜血(血尿)陽性者がいます。そして、IgA腎症の70%以上が健診で血尿陽性者として発見されています」

(取材・構成/岩城レイ子)

※週刊ポスト2012年2月3日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング