日テレ宮崎アナ「アナウンス部に2人いる」お局の名前とは

NEWSポストセブン / 2012年2月3日 7時0分

業界人御用達といわれる東京・六本木にあるレストラン。1月20日午後7時、この地下でタレントの中山秀征が発起人となり、盛大なパーティが開かれた。その日の主役は、昨年のクリスマスイブに入籍したばかりの日テレ・宮崎宣子アナ(32)夫婦。

宮崎アナといえば、日テレでは珍しく陽気なおバカキャラで人気を博したが、『ラジかるッ』では生放送にたびたび遅刻して騒動に。その後、顎関節症になったりストレスで体調を壊すなどして休養を繰り返し、最近は『アナどきっ!』という番宣番組を担当する程度だった。

この日は本人もさぞかし嬉しかったのだろう、お酒が進み、呂律も回らなくなってきた頃、ぶっちゃけトークが飛び出した。

「宮崎が各テーブルを回ってスタッフらと乾杯をしていたのですが、『実は私も巨人の選手と結婚したかったんです』といい出したんです。

宮崎がかつて巨人の選手と付き合っていたのは有名な話ですからね。『結婚相手は普通のサラリーマン。給料が安いのでホントは日テレを辞めたくないんですゥ~』と笑っていました」(出席者のひとり)

ちなみに宮崎アナのお相手は大手レコード会社の社員……。その後、宮崎アナは普段の憂さも溜まっていたのだろうか、日テレの暴露話を始めたという。

「『結婚しても働いたらいいじゃないか』と誰かがいったら、『でも、人間関係が…。今も肩身が狭いのに、結婚した後も働いたら、余計に肩身が狭いじゃないですか』と残念そうに話していました。さらに『アナウンス部にはお局が2人いる』と。木村(優子)アナウンス部長と先輩の古市(幸子)アナのことらしいのですが、『今後もどんどん女子アナが辞めていくと思いますよ』と予言めいたことまでいってましたね」(別の出席者)

これには周囲の関係者の顔も引きつっていたという。宮崎アナによると、同僚の葉山エレーヌアナも常々「私も早く結婚して会社を辞めたい」とお酒を飲んでは愚痴っているそうだ。

※週刊ポスト2012年2月10日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング