【キャラビズム】中国人よ、マグロを日本人に少し残してほしい

NEWSポストセブン / 2012年2月11日 16時0分

アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの84歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』などの著書がある。日本在住 40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向 けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム」。さて、あなたはどう受け止めるか? 今回は、「各国」編である。

* * *

●Le trait commun entre le Japon et l’Angleterre c‘est que ce sont des îles qui n’aiment pas le continent!

日本と英国の共通点は、両国が島国であることと、大陸を嫌うこと!

●Les Chinois copient tout,même les mauvaises manières !

中国人は何でも真似する、悪いマナーも!

●Hé 、vous les Chinois,d‘abord le thon,puis le boeuf de Kaga, laissez_en un peu aux Japonais!

中国人よ、最初はマグロ、次は加賀牛、日本人に少し残して欲しい!



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング