平成人気女子アナ11~20位は? 滝クリもランクイン

NEWSポストセブン / 2019年1月17日 7時0分

現在も活躍する雨宮塔子(写真/ロケットパンチ)

 平成の30年間、多くの女子アナたちがテレビを彩った。今回、TVウォッチャー32人と本誌・週刊ポスト読者が、“平成最強女子アナ”30人を選出。ここでは11~20位を紹介しよう。

■11位・永井美奈子(53)、元日本テレビ/1988年入社/代表的番組『マジカル頭脳パワー!!』

「アイドル人気が下がっていた1990年代初頭、彼女のおかげで女子アナが代わってアイドル的人気を誇るという現象が起きた」(アイドル研究家の北川昌弘氏)

■12位・雨宮塔子(48)、元TBS/1993年入社/代表的番組『どうぶつ奇想天外!』

「バラエティ番組中心だった局アナ時代も良かったが、年を重ねた現在は色気が増した。時折浮かべるキリッとした表情がたまらない」(映画評論家の秋本鉄次氏)

■13位・大下容子(48)、テレビ朝日/1993年入社/代表的番組『ワイド!スクランブル』

「出演者に気持ちよくコメントさせる能力が抜群」(ジャーナリストの須田慎一郎氏)

「台本は赤ペンでほとんど線を引いている。そこが可愛い」(放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏)

■14位・進藤晶子(47)、元TBS/1994年入社/代表的番組『ランク王国』

「女子アナ特有のツンとすました感じや、チャラチャラした感じがなく好感が持てた。今でも根強いファンがいる」(芸能評論家の三杉武氏)

■15位・大江麻理子(40)、テレビ東京/2001年入社/代表的番組『ワールドビジネスサテライト』

「女子アナのなかでも最大級の出世を遂げた逸材」(女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏)

「バラエティで見せる主役を立てる感じが好印象。彼女の旦那になりたかった」(29・会社員)

■16位・加藤綾子(33)、元フジテレビ/2008年入社/代表的番組『めざましテレビ』

「局アナが続々とフリーの道を選んでいますが、転身直後からこれだけ活躍した女性アナは過去に例がないと思います」(芸能ジャーナリストの佐々木博之氏)

■17位・滝川クリステル(41)、元共同テレビ/2000年入社/代表的番組『ニュースJAPAN』

「あの顔に、あの声。女子アナ好きな男性の夢を具現化したような存在。“アンニュイ”という言葉を彼女を通して初めて本当に理解しました」(漫画家の倉田真由美氏)

■18位・膳場貴子(43)、元NHK/1997年入局/代表的番組『筑紫哲也 NEWS23』

「美しさと賢さによる安定感は他の女子アナでは醸し出せない雰囲気」(ライターの吉田潮氏)

「直接話をすると親しみやすく、そのギャップに心奪われる」(経済アナリストの森永卓郎氏)

■19位・内田恭子(42)、元フジテレビ/1999年入社/代表的番組『すぽると!』

「美人で親しみやすく、その後の女子アナのひとつのモデルになった」(芸能評論家の三杉武氏)

「『すぽると!』のウッチーの笑顔を見たら疲れが取れた」(51歳・公務員)

■20位・小川彩佳(33)、テレビ朝日/2007年入社/代表的番組『報道ステーション』

「気遣いが上手で一緒に仕事をしやすかった。勉強熱心な姿に好感を覚えています。今後も末永くお付き合いしたいアナウンサー」(ジャーナリストの田原総一朗氏)

※週刊ポスト2019年1月18・25日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング