平成人気女子アナランキング21~30位 中野美奈子も登場

NEWSポストセブン / 2019年1月18日 7時0分

小島奈津子は1992年入社(写真/ロケットパンチ)

 平成の30年間、多くの女子アナたちがテレビを彩ってくれた。今回、TVウォッチャー32人と本誌・週刊ポスト読者が、“平成最強女子アナ”30人を選出。ここでは21~30位を紹介しよう。

■21位・小島奈津子(50)、元フジテレビ/1992年入社

「新人時代から現在まで、その雰囲気が変わらないのは奇跡」(上智大学教授の碓井広義氏)

■22位・江藤愛(33)、TBS/2009年入社

「場の雰囲気を和ませるやわらかなキャラは得がたい才能」(ジャーナリストの大谷昭宏氏)

■23位・弘中綾香(27)、テレビ朝日/2013年入社

「透明感や知性と、脱力したような笑顔のギャップが良い」(漫画家の辛酸なめ子氏)

■24位・下平さやか(45)、テレビ朝日/1995年入社

「いろいろ騒がせてくれたが仕切り、アナウンスは一級品」(漫画家のやくみつる氏)

■25位・有賀さつき(享年52)、元フジテレビ/1988年入社

「上品な中に気安さを併せ持ち、女子アナの可能性を広げた」(漫画家の倉田真由美氏)

■26位・山崎夕貴(31)、フジテレビ/2010年入社

「人や物事の良いところを探そうとする姿勢に目を離せなくなる」(コラムニストの堀井憲一郎氏)

■27位・中野美奈子(39)、元フジテレビ/2002年入社

「視聴率1位の座を高島彩と2人で日テレから奪い返した」(芸能リポーターの石川敏男氏)

■28位・国谷裕子(61)、フリー/1981年~

「学者や専門家を相手に話を聞き、まとめ上げる技術がある」(コラムニストの今井舞氏)

■29位・西山喜久恵(49)、フジテレビ/1992年入社

「ハートの良さがにじみ出た受け答えでスタジオが明るくなった」(野球解説者の江本孟紀氏)

■30位・渡辺真理(51)、元TBS/1990年入社

「久米宏、筑紫哲也を相手にしたキャリアは伊達じゃない」(芸能評論家の三杉武氏)

※週刊ポスト2019年1月18・25日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング