危険な中国製品 放射能キーホルダー、破裂する防犯ブザー他

NEWSポストセブン / 2019年1月17日 16時0分

写真

中国製品の危険性は?(共同通信社)

 アメリカでは中国製品の危険性が国家レベルの問題となる一方、日本ではかつてほどその危険性が叫ばれなくなっている。だがこの間、危険な"メイド・イン・チャイナ"は、身の回りの至るところにまで浸透していた。

 例えば、家電製品の爆発事故が頻発している。昨年3月、アマゾンがプライベートブランドで展開する中国製のポータブル充電池に発火事故が多発し、26万台がリコールされた。

 同4月にはタイガー魔法瓶が販売した中国製除湿乾燥機で発火事故が続出し、4万3000台を回収。1台につき1万円の返金処理を発表した。最も安全性に留意すべき子供向け製品でも、問題が起きている。

 昨年4月、愛知県岡崎市内の小学校で新入学児童に配られた防犯ブザーで、内蔵の中国製電池が破裂する事故が相次いだ。同製品の破裂事故は北海道札幌市でも発生し、文科省は市町村に回収を指導した。子供の身を守るための道具が子供を危険に晒したのでは本末転倒である。

 2017年9月には中国製キーホルダーから基準値を超える放射性物質トリチウムが検出され、原子力規制庁が日本国内の販売各社に再発防止措置を求めた。

 同年5月には香港で流通する中国製のシャボン玉液に安全基準値の4~5倍を超える好気性菌(酸素で成長する細菌)が含まれていることが発覚し、販売停止になった。

「現在、世界で流通している子供向け玩具の7割が中国製と言われていますが、安全管理は世界基準とはほど遠い。世界中で毎年のように使用禁止や回収騒ぎが起きています」(ある玩具メーカー幹部)

※週刊ポスト2019年1月18・25日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング