FP「月額制有料アプリ」は無駄の元 その時間働いたほうがマシ

NEWSポストセブン / 2012年2月4日 7時0分

なかなか給料も上がらないなか、無駄な支出は減らしたいもの。でもどうやって? どの部分を? そんな疑問に応えてくれるのが、サラリーマンの無駄遣いをバシバシ斬っているファイナンシャル・プランナーの伊藤亮太氏である。同氏は「月額制有料アプリ」の見直しを検討することをアドバイスする。以下、伊藤氏の解説だ。

* * *
iPhoneなどのスマートフォンがすっかり普及してきている。スマホに買い替えたら、有料アプリを利用してみたいとお思いの方も多いだろう。また、現在使っている携帯において、月額制の有料アプリを利用されている方もまだまだ多いのではないだろうか。そうした方々に対して、有料アプリは無駄遣いの典型例であるからできる限り購入すべきではないといいたい。特に、利用しなくなったアプリで、月額制のものがある場合、今すぐにでも解約することを勧めたい。

アプリの料金体系については、大きく分けて以下の4種類が存在するかと思う。

(1)無料で利用できるアプリ
(2)購入時のみ料金が発生するアプリ
(3)アイテムなどを買い増しする際に更に料金が発生するアプリ
(4)月額でかかるアプリ

iPhoneやスマートフォンにおけるアプリは、(1)~(3)のものが多いといえる。一方、以前からの携帯(ガラケー)の場合は、(4)の月額制のアプリも数多く存在する。

特に無駄遣いとなるのは、(4)の月額制である。単純に1ヵ月315円だったとしても、年間で見れば3780円となる。怖いのは、月額制と最初は分かっているものの、そのことを忘れ支払い続けている場合である。積もり積もればかなりの金額になる。最近利用していないアプリで、月額制のものがあれば即刻解約することで無駄なコストを削減できる。

その他、携帯の買い替え時に、いろいろとサービスがつく代わりに、よくわからないまま、お店で話をされるがまま、毎月課金されるアプリに加入させられている場合がある。利用しないものはすぐにでも解約し、毎月かかるようなコストを削減すべきである。毎月かかるコストの削減が節約の効果としては最も大きくなるといえる。

また、(2)や(3)の有料アプリであっても、特に購入する必要はない。無料のアプリで十分楽しめるし、無料のアプリでも使い方次第ではかなり利用価値があるといえる。有料アプリを購入する場合には、なぜそれを使うのかしっかり検討したうえで、「自分にとって、ずっと使い続ける価値がある」と思えるものだけにとどめておくべきであろう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング