勝谷誠彦さんの盟友が語る、壮絶なアルコール依存との闘い

NEWSポストセブン / 2019年1月17日 11時0分

写真

元気だったころの勝谷さん

 情報番組の辛口コメンテーターとして活躍していたコラムニストの勝谷誠彦さん(享年57)の訃報が報じられたのは昨年11月28日。死因は、急性肝不全だった。

 しかし、「死の魔の手は3年以上前から忍び寄っていた」と言うのは、勝谷さんの20年来の盟友で出版社『世論社』の代表・高橋茂さん。高橋さんは、勝谷さんの死後、彼がアルコール依存症に陥っていたことをウェブメディア『JBpress』に寄稿している。

「勝谷が命を絶たれた原因は、長年の飲酒によるものです。2015年3月に情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)を降板。編成の切り替え時期でもあり、1か月ほど仕事がまったくない状態になりました。その頃うつを発症。次第に酒量が増え始め、昼間から飲むようになりました」(高橋さん・以下同)

 勝谷さんは真面目でストイックな人だった。文筆業で締め切りを一度も破ったこともなければ、取材やテレビ出演で約束の時間に遅れたことなどもない。

 しかし、心のどこかで孤独を抱えていたようで、電話で高橋さんを呼び出し、不安を訴えることも多かったという。

「彼は離婚をしているのですが、その時、『おれさぁ、離婚した時も多分、うつだったと思う。なんだか全部、嫌になっちゃって』と話していました。そのうえ、ぼくが知り合う前にアルコール依存症が原因で母親を亡くしている。彼は母親が大好きだったので、その時も相当なショックを受けたのでしょう。さらに、心の拠り所だった父親も2015年2月に病気で倒れ、1年ほど意識が戻らないまま帰らぬ人に。そのあたりから余計に酒に走るようになったのです」

 冗談か本当かは不明だが、勝谷さんはよく、周囲に『おれは中学生の頃から飲んでいたよ』と話していたという。

「40年以上、まったく休肝日なしで飲んでいたのも、彼にとっては自慢でした。でも、仕事がある時は、『この後、原稿書かなきゃいけないから、酒飲むのやめとく』と言って、プロだなあと感心していたのですが…」

◆肝臓は5倍以上に膨れ上がり、腎臓が機能しない状態に

 仕事の変化、親の病気、自身のうつも重なり、勝谷さんは昼間から酒を飲むようになっていく。

「2015年にうつを発症した時には、抗うつ剤を酒で流し込み、2017年の兵庫県知事選挙落選後は、仕事のない日は昼から飲むようになりました」

 そして、異変が訪れた。

「この頃から認知症のような症状が表れ始め、特に酒が入ると自分がいる場所や状況がわからなくなる。昔のことはよく覚えているのに、さっきあったことが思い出せない。地方の講演に行く時も、マネジャーが飛行機のチケットを渡して、待ち合わせの時間を告げてもすぐに忘れて、『おれはどうしたらいいんだ?』と電話やメールがくる。10回くらい同じことを言わないと飛行機にも乗れない状況だったそうです」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング