東京芸大卒の美人画家 「日本画を通してリアルを伝えたい」

NEWSポストセブン / 2012年2月6日 16時0分

写真

女流日本画家・大河原典子さん

日本画の歴史は長いが、昨今、女性の進出がめざましい。ここでは、注目の女流日本画家の一人として、大河原典子さんをインタビューした。

* * *
「携帯電話やパソコンの液晶画面に目を奪われ、現実感が希薄な今だからこそ、日本画を通して“リアル”を伝えたい。

何も写真のように描くわけではありません。例えばキレイな花があったとして、精巧にコピーするのではなく、その花が持つパワーやエネルギーさえも私が読み解いて描いて見せるのです。

かつての恩師が『光がなくても物は存在する』といっていましたが、目に見える物が全てではない。だからこそ画家の存在価値があるんだと思います」

【プロフィール】
おおかわら・のりこ 1976年東京都生まれ。2004年東京藝術大学大学院博士課程修了。現在、女子美術大学非常勤講師。自身の個展の他、前田青邨記念大賞展など数々の展覧会に出品。2月14日~20日まで横浜そごうにて個展開催。

撮影■ヤナガワゴーッ



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング