デーブ氏 「ポセイドンジャパン、沈没だけはしないで(笑い)」

NEWSポストセブン / 2012年2月9日 7時0分

現在、日本代表スポーツチームには、水球(男女)には「ポセイドンジャパン」、ホッケー女子には「さくらジャパン」などと愛称がついているが、放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏がいう。

「スポーツの本来の楽しみ方って、ファンが独自の視点でチームや選手を茶化したり野次ったりすることなのに、なぜか日本の代表チームのスポーツ中継は、ファンに愛称を強要して“みんなで応援しよう”と、批判的な意見を差し挟めないように押しつけてしまうんです。だからせっかく個性的な名前をつけても浸透しないのでしょう。

ポセイドンジャパンってのは強そうだけど、沈没だけはしないようにしてほしいね(笑い)」

ロンドンオリンピックが終わった頃、一体いくつの「○○ジャパン」が定着していることやら。

※週刊ポスト2012年2月17日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング