報道番組の人材難深刻なフジ、加藤綾子アナ投入で局面打開か

NEWSポストセブン / 2019年2月23日 7時0分

カトパンは夕方の顔に(時事通信フォト)

 バラエティから報道まで、各局の看板番組でフリーアナの活躍が目立つテレビ界。年度末を前にして、TBSの吉田明世アナ(30)と宇垣美里アナ(27)、さらにテレビ朝日の宇賀なつみアナ(32)と小川彩佳アナ(33)が相次いで退社を発表した。スポーツ紙では早速、小川アナが『NEWS23』(TBS)の新キャスター候補に浮上していると報じられたが、女子アナ勢力地図はどう変わるのか。

“フリー1年生”として外に飛び出す4人と対照的に、古巣に凱旋する“先輩”が話題を集めている。フジテレビはカトパンこと加藤綾子アナ(33)を、4月スタートの夕方の報道新番組のメインキャスターに起用することを発表した。

「夕方の時間帯でウチは日テレの『news every』に視聴率で倍近くの差をつけられている。報道部出身の局幹部の強いプッシュもあって、起用が決まったようだが、彼女には報道番組での経験が少なく、『メインキャスターが務まるのか?』という不安の声もある。

 報道番組の人材難は深刻で、ショーンKや元NHKの登坂淳一を起用しようとして失敗した苦い経験もあるだけに、“元エース”の再登板で局面を何としても打開したいのでしょう」(フジ報道スタッフ)

 小川アナが降板した昨年10月から『報道ステーション』のキャスターを務める徳永有美アナ(43)も古巣への“凱旋”を果たした。

「いまのところ視聴率は堅調ですが、もし小川アナが『NEWS23』のキャスターに就任するようなことがあれば視聴率で負けることだけは許されない雰囲気になり、重圧もかかってくる」(テレ朝社員)

※週刊ポスト2019年3月1日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング