皇太子が皇位継承権を譲ることがなぜ不可能かを専門家解説

NEWSポストセブン / 2012年2月15日 16時0分

 平成皇室が直面している難題の一つが皇太子と雅子妃を巡る問題だ。雅子妃の適応障害での療養期間は既に8年に及び、「皇太子殿下は皇太子位を秋篠宮殿下に譲るべき」「皇太子もそれを望んでいるのでは」という声まで飛び出している。もちろん、それらを暴論として切って捨てるのは簡単だ。しかし、こうした過激な発想は、皇室はどうあるべきか、という根本的な問いを考え直すきっかけになり得るのかもしれない。皇室ジャーナリストの山下晋司氏がレポートする。

  * * *
 昨年11月から、タレントのデヴィ夫人が自身のホームページで「皇太子位を秋篠宮様に移譲することを求める請願書」への署名運動を実施している(1月末で締め切り)。

 複数のメディアから取材を受けて私もその存在を知るところとなったが、内容としては、「皇太子位を速やかに徳仁殿下から秋篠宮文仁殿下に移譲」「皇太子徳仁殿下は皇位を廃嫡するか、皇太子妃のみを廃妃とする」という請願だ。

 請願は憲法に規定された国民の権利であるから、それ自体を否定すべきではない。問題は、なぜこういった過激な主張が浮上してきたのかという点にある。

「皇太子廃嫡論」まで出る背景にはまず、雅子妃殿下が適応障害という病気にもかかわらず、私的な活動では明るく元気な様子がテレビや週刊誌などで報じられている点が挙げられよう。療養期間が8年に及び、いまだに公務や宮中祭祀のほとんどを欠席されている妃殿下が、愛子内親王殿下の通学や校外学習には元気に付き添っているなどと報じられている。

 同時に、皇太子殿下ご自身の言動が国民に与える印象という問題もある。

 記者会見では内親王殿下の話題が多いであるとか、妃殿下が朝起きられない時は殿下が内親王殿下の付き添いをしている、などの報道により、「公」よりも「私」を重視しておられるように国民の目には映る。

 殿下が妻や子を守るのは、ある意味では非常に大事なことだが、「国民からどう見えるか」ということについて、東宮職を含めて配慮が足りなかったと反省すべき面があるのではないか。

 デヴィ夫人の主張もそのあたりに起因しているわけだが、一方で、皇太子を変更するには法的に非常に厳しい制約がある。

 皇室典範の11条2項には〈親王(皇太子及び皇太孫を除く。)、内親王、王及び女王は、前項の場合の外、やむを得ない特別の事由があるときは、皇室会議の議により、皇族の身分を離れる〉とある。親王などに皇籍離脱の規定はあるが、「皇太子は除く」と規定されているのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング