三田佳子次男 ツイッターで再婚宣言も、厳しい声相次ぐ

NEWSポストセブン / 2019年2月26日 7時0分

 また、20日、「明日沖縄に帰る。離婚届をサインして、婚姻届も無事に終わる」とツイートした祐也。

「流れ流れて、前科三犯前歴一犯の依存症のデブのハゲた金もない施設にいる糖尿病おやじと里菜さん。一週間後正式に結婚することになりますが。直ぐ離婚しないでね。色々頑張るからさ。よく考えたら彼女気合い入ってる」

 などと綴り、離婚と再婚することをほのめかした。その祐也は2010年2月、一般女性と結婚し、同年9月には長男が誕生している妻子持ち。しかし2017年秋、不倫交際中と伝えられた「乃木坂46」元メンバーの大和里菜(24)に暴行を加え、警察沙汰を起こしていたことが報じられた。

 祐也の再婚宣言にネット上では、

「本気でやり直すぐらいの気持ちなら、甘やかしてくれるだろう周りを巻き込まないで、まずは自分一人で知らない環境に身を置いてから乗り越えて、彼女を迎えに行くなり結婚するなりするもの。何かあった時、自分一人でも立っていられないのに、相手を助けられる力があるはずもない」

「本当に反省してない。反省してたら数年は1人で頑張って汗水たらして頑張って稼いで養育費払うぐらいしないと。結局、誰かいないとやっていけない甘ったれ」などといった声が上がり、祝福するものはほとんどなかった。

 芸能関係者の見方も厳しい。

「再婚宣言の真相は不明ですが、保護観察中であっても結婚はできるため、祐也が入籍した可能性はあるでしょう。ただ、彼が今やらなければならないのはしっかり立ち直って、迷惑をかけた家族や周囲の人にその姿を見せること。突然の結婚宣言、というのは果たしてそうした周囲の理解を得たものなのかは疑問が残ります。せめて、彼にとって更生のきっかけになる結婚になればいいのですが…」

 再び家族を裏切らないことを願うばかりだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング