佐々木希が「モグラ」の元祖、2019年注目の“新星”4人

NEWSポストセブン / 2019年3月5日 16時0分

モデルをしながらグラビア活動も行なう「モグラ」たち

 近年、女性誌でモデルをしながらグラビア活動も行なう 「モグラ(モデル+グラドル)」と呼ばれるタレントが増加している。アイドル研究家の北川昌弘氏が解説する。

「グラドルは巨乳や美尻など象徴的なセールスポイントが明確にある女性が多かった。それに比べてモグラは、高身長で均整の取れた容姿の女性が多いのが特徴です。その“原点”は佐々木希です。当時はまだモグラという言葉はありませんでしたが、青年漫画誌と女性誌双方で活躍。普段は露出の少ないモデルが、セクシーな姿を見せるギャップも受けました」

 その後、馬場ふみかや久松郁実、泉里香などルックスの良さに加えて、バストが大きいモデルがグラビア界を席巻する。今回登場した4人は2019年注目の“新星”だ。

「みうらうみは派手な容姿と裏腹なほんわかキャラのギャップが魅力。松川菜々花はファッション誌専属モデルでキュートな容姿が男性ウケがいい。遠山茜子は強い目力と抜群のボディの持ち主。黒木麗奈は身長172cmの美脚で、菜々緒2世の呼び声が高い」(同前)

 健康的でセクシーな美肌を披露するモグラ美女たちを要チェックだ。

 松川菜々花は1998年、埼玉県生まれ。身長165cm。雑誌『non-no』の専属モデルを務めるかたわら、『めざましテレビ』(フジテレビ系)にも出演中。

 遠山茜子は、ギャルたちのカリスマ誌『JELLY』の看板モデル。1998年、愛知県生まれで、身長153cm。モデルやグラビア活動のほか、女優としても活躍中だ。

「日本一エロいボディを持つ現役音大生」のキャッチフレーズを持つみうらうみは、1998年、北海道生まれで、身長160cm。現役の音大生で、絶対音感の持ち主。ファースト写真集『うみとうみ』(ワニブックス刊)が好評発売中だ。

 黒木麗奈は身長172cm、股下83cmの「菜々緒2世」。2000年、東京都生まれで、昨年、「三愛水着楽園イメージガール」に選ばれたいま大注目のモグラだ。『プラチナム次世代スタースクールカレンダー2019-20』(リバプール)が3月5日に4冊同時発売される。3月10日14時からは福家書店 新宿サブナード店でイベントを開催する。

撮影■佐藤裕之

※週刊ポスト2019年3月15日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング