【キャラビズム】悪い事をした人ほど「ノーコメント」使いたがる

NEWSポストセブン / 2012年2月25日 16時0分

 アンドレ・キャラビ氏は、1927年フランス生まれの84歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』などの著書がある。日本在住 40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向 けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム」。さて、あなたはどう受け止めるか? 今回は、「言葉」編である。

 * * *

●Les gens qui ont beaucoup à cacher,répètent toujours qu‘ils n’ont rien à dire!

悪い事をした人ほど「ノーコメント」という言葉を使いたがる!

●Il y a toujours un “mais” après “c‘est bien”

どんな良い事にも、「しかし」が付きます!

●Un mot que l‘on croit un baume peut devenir un poison!

薬のつもりの言葉は毒に聞こえる場合もある!



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング