相次ぐNHK女子アナ退社 今後フリーになる人材を専門家予測

NEWSポストセブン / 2012年2月18日 7時0分

 NHKの神田愛花アナウンサー(31)が、3月末で同局を退社することが明らかになったが、今後もNHK女子アナの民放への“流出”が続く可能性が出ている。

 神田アナは、2003年にNHKに入局。準ミス学習院大に選ばれた美貌と、明るいキャラクターで人気を集めている。福岡支局に在籍しながら、2005年には青山祐子アナの代役で『サタデースポーツ』や『サンデースポーツ』のキャスターを務めたことも。現在も『ワンダー×ワンダー』などに出演中だ。退社後は、フリーとして活動するとみられている。

「明るいキャラクターはバラエティー向きで、大物タレントとからんでも物怖じせずに対応できます。また、報道番組、スポーツ番組の進行も任せられるオールマイティーアナです。民放での活躍は間違いないでしょう」(テレビ局関係者)

 NHKでは、住吉美紀アナ(38)が昨年3月に退社したばかり。住吉アナはフジテレビの昼の情報番組『知りたがり!』にレギュラー出演することが決まっている。

 相次ぐNHK女子アナの流出。彼女たちが民放から評価される理由はどこにあるのだろうか? アイドル評論家で女子アナ事情に詳しい北川昌弘氏はこう語る。

「アナウンスの基礎能力は、民放の女子アナと比べてもはるかに上です。震災報道では、臨機応変の対応力や、安定感が目立ちました。最近では、民放アナのように自分のキャラクターを出すNHK女子アナも増えてきていて、タレント性も充分ある。民放から即戦力としての活躍が期待されているのです。

 また、NHKのアナウンサーは入局後、まず地方局に配属されて、実力が認められれば4、5年で東京や大阪など“中央”にのぼってくるシステムがある。つまり、東京で活躍しているということは、それだけで選ばれたアナウンサーといえ、実力は折り紙付きなんです」

 今後も、NHK女子アナのフリー化の流れは続くのだろうか? 

「不景気の中でもNHKは民放よりも収入面で安定しており、NHKに残る選択肢をする女子アナも多いのではないでしょうか。ただ、優秀な人材はまだまだ豊富。チャンスがあればフリーになって活躍しようという人も多く、当然、民放サイドも彼女たちの獲得を狙っているはずです。今後もフリーになるNHK女子アナは出てくるでしょう。

 若手では2011年入局の岡山支局・和久田麻由子アナ、2009年入局の新潟支局・小正裕佳子アナが注目です。いずれも東大卒の知性派で、ルックスも抜群です。フリーになればすぐにでも活躍できる人材です」

 ほかにも『Shibuya Deep A』出演中の橋本奈穂子アナ、『ブラタモリ』の久保田祐佳アナなど、人気アナはまだまだいる。中堅の有働由美子アナ、青山祐子アナはフリー化がたびたび噂されている。今後の彼女たちから目が離せない!



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング