山田美保子氏 田中みな実に昔の女子アナの根性を感じる

NEWSポストセブン / 2012年2月18日 16時0分

 2月3日に創刊された『メルマガNEWSポストセブン』では、ビートたけし、櫻井よしこ、森永卓郎、勝谷誠彦、吉田豪、山田美保子の各氏が、毎号書き下ろしの時事批評を発信する。2月17日に配信された3号では放送作家の山田美保子氏が、“ぶりっこキャラ”で人気を集めるTBSの田中みな実アナについて、ディープな分析を展開している。かつてのような“スター女子アナ”が減っているという現状のなか、山田氏は田中みな実をどうみているのか。

 * * *

 良くも悪くも、あれだけ豊富に揃っていた在京テレビ局の女子アナにスターが居なくなって早数年。各局さまざまな“事情”があるのだけれど、共通するいちばんの理由は、女子大生にとって女子アナが憧れの職業No.1ではなくなったからではないだろうか。CAしかり。女子アナしかり。待遇面で極めて優遇された時代が終わってからというもの、際だった美人やキャラ立ちの女子アナが激減してしまったのである。

 何千倍もの競争率を勝ち抜いて、せっかく入れたのだからなるべく長く居座ろう…というタイプもいまは少ないらしい。定説といわれる“30歳定年”を待たずに辞める女子アナも多いし、結婚や出産の時期も昔の女子アナに比べたら格段に早くなっている。

 そんななか、田中みな実アナには昔の女子アナのような根性を感じる私。なぜなら彼女は、山本モナ(朝日放送出身)以降トレンドといわれる“ハーフ”でもなければ、平井理央アナ(フジテレビ)や青木裕子アナ(TBS)、紺野あさ美アナ(テレビ東京)のような元タレントでもない。

 ちなみに、在阪の準キー局にハーフの山本モナが入った翌々年、フジテレビに政井マヤが入社。以降は、葉山エレーヌ(日本テレビ)や加藤シルビア(TBS)など、ハーフ女子アナが各局に増えつつある。タレントやミス・キャンパスとして大学在学中に名前を売って在京テレビ局に入るのも女子アナの“お約束”である。

 だが、田中みな実アナは、ここでもミスではなく準ミスなのである。すべてにおいて、ややマイナスからのスタートだからだろうか。TBSには珍しく(!)、会社に言われたことはどんなにツライことでも笑顔でやり抜くという特徴が田中みな実アナにはある。

※上記の記事全文は現在配信中の『メルマガNEWSポストセブン』3号で読めます。

『メルマガNEWSポストセブン』



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング