押尾学の恋人Nanami 心配した家族が仕事場で待ちぶせ

NEWSポストセブン / 2012年2月23日 16時0分

 保護責任者遺棄致死罪など懲役2年6月の判決を受けた押尾学被告(33才)について、最高裁は2月14日、上告を棄却した。近く実刑が確定し、押尾被告は収監されることとなる。

 そんななかスポーツニッポン紙が、「獄中婚の可能性もある」と報じた。その相手は、女性セブン2010年1月1日号で恋人と報じたNanami(25才)だ。

 ふたりの交際が始まったのは2009年春から。当時、押尾被告はまだ矢田亜希子(32才)と婚姻中だったが、彼は知人に「Nanamiはセフレじゃなくて、特別な子」と語り、真剣に交際していたという。そのわずか半年後、押尾被告が事件を起こす。

「彼女のショックは相当なものでした。浮気どころか逮捕までされちゃったんだから。でも、Nanamiちゃんは、日本中から非難されていた押尾さんを見て、“彼の寂しさや弱さをわかってあげられるのは自分だけ”だと思っちゃったんですよね…」(押尾被告の知人)

 その後、押尾被告をめぐって家族と衝突したNanamiは、とうとう家を出て行ってしまう。連絡もまったく取れなくなり、なす術がなくなった両親は、必死でNanamiのスケジュールを調べた。そして昨年9月、都内で行われた『神戸コレクション』に娘が出演することを突き止めたという。

「両親はNanamiのマネジャーと一緒に楽屋で待ち伏せしたんです。ショーを終えた彼女はそこで、押尾さんと結婚を考えていることをはっきり伝えました。両親はなんとしても押尾さんから娘を奪還したい一心で、涙ながらに説得したんです。マネジャーさんや他のスタッフも“彼と一緒になるなら仕事ができなくなる。どっちをとるんだ!”と迫った。それでも彼女の決意は揺るがなかったそうです」(Nanamiの知人)

 所属事務所は昨年末で退社し、仕事より押尾被告を選んだNanami。現在の彼女の住まいは、神奈川県内にあるファミリー向けマンションだった。大きなリビングのある3LDKの部屋だ。彼女はここで押尾被告の帰りを待つのだろうか。

※女性セブン2012年3月8日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング