木嶋佳苗被告 1回の肉体関係で最低10万円もらっていた

NEWSポストセブン / 2012年2月24日 7時0分

 婚活サイトで知り合った男性たちから総額1億円以上をだましとったとされる“婚活詐欺女”こと木嶋佳苗被告(37才)。彼女が貢がせた男性たちは次々と不審な死を遂げており、亡くなった6人のうち3人については、殺人罪などで起訴されている。2月17日からは被告人質問が行われ、木嶋被告の事件についての証言内容が大きな話題を呼んでいる。

 しかし、決して美人とはいえない彼女が男性を惹きつける魅力とは一体なんだったのだろうか…。木嶋被告が逮捕される瞬間まで同居していた交際相手の男性は、当時、本誌にこんなことを語っていた。

「正直な話、初めて会ったときはウワッ!と思ったんです。でも生理的に受け付けないほどに嫌な感じはしませんでした。痩せたら普通だろうなとも思いました。あの容姿が、“この人なら安心して結婚できる”と信用してしまったきっかけでした」

 木嶋被告から醸し出される安心感も、彼らからすれば魅力のひとつだったのだろう。

「朝起きると朝食ができている毎日は幸せでした。朝はホットケーキ、昼はペペロンチーノや素麺と卵焼き、夜はから揚げに炊き込みご飯、焼き鮭、ソーセージのはいったポトフを作ってくれたこともありました」(前出の元交際相手)

 木嶋被告は、セレブも通う有名料理学校を卒業している。独身の寂しい男性の胃袋を得意の料理で満たすことで、彼らのハートをも奪っていった。不審死した男性のひとりには、言葉巧みにこんなお金の援助を頼んでいたという。

「私は海外の音楽大学の学生で、卒業したら日本で音楽系の大企業に管理職として就職が決まっています。でも父は飛行機事故で亡くなって、母も病気で…学費を払うのが厳しい。大学に通えなくなったら、就職できなくなってしまう」

 まさか詐欺だなどと考えることもなく、その男性は快く援助したというのだ。

「亡くなった男性に木嶋被告は“あなただけが信頼できる、頼れる”といったメールを送ったり、“私は雅子さまのご実家の小和田家とつながりがある。親戚なんだ”ともいっていたそうです」(亡くなった男性の知人)

 気をもたせるようなメールに、大胆なハッタリとさまざまな話術を駆使して多くの男性たちを“転がしていた”木嶋被告。今回の公判では性生活についても赤裸々に語り、自分がいかに男性たちを虜にしていたかを明らかにしている。

 木嶋被告は、婚活詐欺を行う以前には、愛人契約やデートクラブでSEXをすることでお金を稼いでいたという。“1回肉体関係を結べば最低10万円をもらっていた”“SEXで月平均150万円稼いでいた”などと語り、その相手からは、

「いままで(SEX)したなかで、あなたほどすごい女性はいない」
「テクニックよりも本来持っている機能が高い」

 と褒められたと得意気に話したのだった。

※女性セブン2012年3月8日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング