1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

タレントコラボ商品増加はTVのギャラ減少も影響と専門家指摘

NEWSポストセブン / 2012年2月26日 7時0分

 近ごろ、急激に増えているのがタレントとメーカーのコラボ商品。辻希美×ギズモビーズの『iPhone4/4Sプロテクター“クッキー”』(3990円、送料525円)、きゃりーぱみゅぱみゅ(19才)がノンシリコンシャンプーブランド『レヴール』とコラボした『レヴール リッチ&リペア きゃりーぱみゅぱみゅ 数量限定コラボレーションセット』(1890円)、木下優樹菜(24才)が納得いくまでテストを繰り返したという美肌成分配合の石けん『ジャーマンクレイフェイスソープ』(1680円)などなど、例をあげればきりがない。

 その販売方法も、一部の店舗限定のものから、通販番組、ブログを通じてネット通販されるものなど、そのタイプも多種多様だが、タレントとのコラボ商品は、なぜいま増えているのか? トレンドウォッチャーのくどーみやこさんはこう説明する。

「mixiやフェイスブック、ブログなど、ネット活用の土台が完成し、利用する人が増えたこと。そして、リーマンショック以降、外出を控えて家にいたまま物を買うという“巣ごもり消費”がトレンドになりました。実は、タレントコラボ商品はこのふたつの条件を満たしているゆえ、売れているんです」

 確かに、いまやタレントのブログやツイッターからの発信は当たり前。

「メーカーとコラボして“こんなの作りました”と配信すれば、ファンに直接届きます。そのファンがネットの口コミで広めればさらに売れるといった、いい循環ができあがっているんです。また販売も、ネット通販を使ったものが多いです」(くどーさん)

 背景には、厳しいテレビ業界事情も垣間見える。

「テレビ局の出演料は頭打ちどころか、どんどん減っています。コラボ商品を売り出せば、芸能活動とは別に、もうひとつ収入源が得られます」(くどーさん)

※女性セブン2012年3月8日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング