佐久間良子の『私の履歴書』で元夫の平幹二郎が新発見し驚く

NEWSポストセブン / 2012年2月28日 7時0分

 今、芸能界関係者が朝一番に読むのは、日本経済新聞なのだという。2月1日から『私の履歴書』に女優の佐久間良子(72)が登場。そこには、かつて清純派とうたわれた彼女のイメージを覆す赤裸々な“告白”が掲載されているからだ。
 
 2月10日朝刊では、妻子もちだった鶴田浩二(享年62)との不倫関係を暴露。〈もはや誰も止めることができない「灼熱の恋」〉と書いて話題を呼んだ。
 
 佐久間の所属事務所に連載のいきさつを聞くと、
 
「日経から依頼があり、本人は躊躇していましたが、ぜひといわれてお受けしました。インタビューを受けて、それを記者の人が文章にしています。佐久間は随分直しを入れましたよ。本人はドッと疲れたようで、今は体調を崩しています」
 
 とのこと。それほど力を入れたということだろう。
 
 元夫・平幹二朗についても、出会いからロンドンへの〈愛の逃避行〉を経て1970年の結婚、そして心が離れていった心情まで、こと細かに告白している。
 
〈夫婦となるとこちらが見たくないものまで見えてしまう。相手を十分に見極める時間が少なかったせいもあるだろう。「結婚してから初めて分かった」ということも少なくはなかった〉(2月19日付)
 
〈平さんとの意識のズレは、子どもができてから一気に広がっていったような気がする〉(2月20日付)
 
〈夫婦の会話は途絶え、すれ違いの生活が続いていた〉(2月21日付)
 
〈結婚してから初めて分かった〉ことが何かは書かれていない。しかし、1984年の佐久間と平の離婚会見の現場にいた芸能レポーターの須藤甚一郎氏は、当時を振り返ってこう語る。
 
「平さんは当時、男性の噂が出ていて、佐久間さんのほうもテレビディレクターとの不倫が噂になっていた。それで会見で『平さん佐久間さんともに、男性関係の噂がありますね?』という質問が飛んだんです。
 
 平さんが『それは私が答えるより、佐久間に答えてもらいましょう』と振ると、佐久間さんがにっこり笑って『そんなことありませんよ』と。会場内が大爆笑になりました。結婚して分かったことというのは、それに類することではないかと思いますね」
 
『私の履歴書』では、離婚会見でも話題になった“不倫”についても語られるのか。芸能レポーターの石川敏男氏の期待は大きい。
 
「私は当時、佐久間さんの軽井沢の別荘を直撃取材したことがあるのですが、別荘には噂のテレビディレクターと佐久間さんの双子のお子さんもいた。あの真相も書いてほしい」
 
 元夫の平氏も『私の履歴書』には驚かされた一人。
 
「先輩鶴田浩二さんと佐久間良子さんの恋愛に関しては、交際中にも結婚後も良子さんの口から聞いた事は有りませんでした。しかしお2人の噂話は芸能界では有名でしたから、佐久間さんとの交際以前から知ってはいました。
 
 永い年月に及ぶ苦しい恋愛のため女性として磨かれ、大人の女性らしさを漂わせていた良子さんに魅力を感じて恋愛関係になったので、過去のラヴ・アフェアーが2人の間で問題になった事はありませんでした。具体的ななれそめなどについては今度の記事を読んでヘェー! と思った位です」
 
 さらに14年間の結婚生活についてはこう回答した。
 
「子供が生まれた後、離婚までの10年間は私が演劇の仕事に夢中になり自己中心的で家族への心づかいが不足して、佐久間さんと子供達を幸せに出来なかったと申し訳なく思っています。
 
 そうした時期、女優業を立派に果たしながら2人の子供をきちんと育てて下さった佐久間良子さんに深く感謝しています」

※週刊ポスト2012年3月9日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング