松嶋菜々子の飼い犬が隣人咬み5000万円超裁判トラブルになる

NEWSポストセブン / 2012年3月1日 0時0分

 スタイリッシュなコンクリートの白壁に石畳、大きなガラス張りのエントランスは、都心部有数の高級住宅街にあってなおひと際目立つモダンな造りだった。それぞれの部屋は2階建てのメゾネットタイプで、広さは200平方メートルを優に超える。

 松嶋菜々子(38才)と反町隆史(38才)夫妻がこの超高級マンションで生活を始めたのは昨年春のこと。長女(7才)が厳しいお受験を乗り越えて、名門私立小学校に入学したことがきっかけだった。しかし、年末、夫妻はやむなくそこを出て行かざるを得ない状況に陥った──

 昨年の6月中旬、冒頭のマンションに引っ越し業者の2台の大型トラックが止まると、大量の段ボールが次々に積み込まれていった。持ち主は世界的にも有名なデザイナー・A氏だ。同マンションには、妻と息子の3人で6年間住んでおり、さらにむこう2年間の契約まで済ませていた。それにもかかわらずA氏は突然の引っ越しをしたのだ。その引き金となったのが、松嶋と反町の愛犬だったといわれている。

 というのも、その直前にこんな事件があった。引っ越しの1か月ほど前のこと。松嶋たちが飼っているドーベルマンがA氏の妻を咬んでしまったのだ。家族が散歩させようとして玄関から連れ出したところ、ちょうど隣に住んでいたA氏の妻とはち合わせてしまったという。

 もともと、このマンションの使用細則によれば「小動物」を除く動物の飼育が禁止されている。しかし、松嶋と反町は部屋のオーナーに相談し、ドーベルマンを飼育することが認められていたという。そのうえで、マンション管理組合に「犬1匹、3万円」の管理費を支払っていた。

 松嶋と反町の愛犬は、きちんと調教を受け、日本警察犬協会の訓練試験にも合格している。理由もなく人に襲いかかるようなことはないと思われるのだが…。訴えによれば、松嶋の犬は隣の家の扉が開き、出てきたA氏の息子に驚いて、咬みつこうとした。とっさにA氏の妻がかばったところ、太ももを咬みつかれてしまったという。すぐに救急車を呼び、A氏の妻は病院へと運ばれた。松嶋を知る芸能関係者はこう話す。

「病院には松嶋さんも一緒に付き添われたし、その後も、Aさんの奥さんが通院するときに松嶋さんが一緒に行くこともありました。本当に良好な関係だったんですよ。そもそも松嶋さんと反町さんにしてみれば、何のルール違反も犯していない。オーナーさんに犬種を話して飼育許可をもらっているんですから」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング