全治2か月の小橋建太 病室から妻とともに「絶対に復帰する」

NEWSポストセブン / 2012年3月1日 16時0分

写真

小橋建太は病室で妻のみずき舞とともに復帰宣言

 左すね骨折などで全治2か月の重傷を負ったプロレスラーの小橋建太(44)が、復帰に強い意欲を示していることが分かった。これまで何度も選手生命の危機に直面しながらもそのたびに乗り越えてきた“鉄人”小橋。そのカゲにはいつも妻の献身的な支えがあった。

「絶対に復帰してみせる。このままでは終われない。引退するつもりない」小橋は現役続行の並々ならぬ決意をそう話している。
 
 2月19日、宮城・仙台で行われたチャリティー大会で月面水爆を放った際に両膝を強打。翌日に神奈川県内の病院で診察を受けたところ、左脛骨の亀裂骨折、右膝内側側副靱帯損傷、右拗骨挫傷という重傷であることが判明した。右拗骨は全治2か月だが、そのほかにも怪我のか所が多いことから復帰の時期は未定。

 今月で45才になる年齢から、「このまま引退の可能性も」と一部では報じられたが、小橋はこれをキッパリ否定し「1日も早くファンに元気な姿を見せたい」と現役へ強いこだわりを口にしている。いまは病室のベッドで安静にするしかない状況だが「トレーニングはいつから再開してもいいんだ?」と周囲に漏らすほどの気合い。

 当サイトでは、神奈川県内の病院で入院生活を送る小橋の写真を入手した。左膝からすねにかけてきつくしめられた大きなサポーターが痛々しいが、右手の拳を強く握り、元気そうな表情を浮かべている。そして、傍らに寄り添うのが、妻で演歌歌手のみずき舞(37)だ。

「彼女は仕事の合間を縫って毎日のように、病院に行って献身的に看病をしています。お弁当を作って持っていったり、フルーツを差し入れたり…。小橋さんのことを心配しながらも、“選手として活躍する姿が見たい”とサポートしていくつもりのようです。小橋さんもすごく勇気づけられているようです」(ふたりを知る関係者)

 14年間の交際を経て2010年10月に結婚。度重なる小橋のけがの際にも、みずきが支えてきた。2006年に小橋の右腎臓にがんが見つかったときには、1年半近くの闘病生活を付きっきりで支えた。小橋が多くの逆境を乗り越えることができたのも、彼女の存在があったからこそ。今回も、小橋にとって強力な“パートナー”になっているのは間違いない。

 小橋はみずきについて「チャンピオンになったときも、思うようにいかないことがあったときも、常にいっしょにいてくれた。ぼくにとって大切な存在」と語っている。

 愛妻の支えで不屈の男が、再びリングを目指す――

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング