42才人妻 あまりに潔癖症だった夫に耐えられず離婚した過去

NEWSポストセブン / 2012年3月5日 16時0分

 いったん目についたら鼻について、うあああ、もう、ひとつの屋根の下では暮らせないっ! 夫婦の険しい山を越えてきた妻3人が語る、やっぱりムリなダンナのクセとは――。

 * * *
ユウコ(45):なくて七クセっていうからさ。お互いさまなんだけどさ。余裕がないといつも見逃しているクセが、目について目について。

サユリ(42): 私、それで離婚したことあるの。

ヨシコ(43)&ユウコ:ええーっ!

サユリ 前のダンナは潔癖性。特に車に対してすごかった。私が泥のついた靴で運転して気づかずにいたりすると何日も口を利かなくなるの。私も謝れば機嫌が直るの、わかっているんだけどさ。あるときパチーンとスイッチがはいっちゃって、向こうがその気ならこっちだって…。

ヨシコ:それで、離婚。わかるなぁ。どこの夫婦も離婚と紙一重のとこまで行くと思う。

サユリ:結局さ。同じ人間だと思うのが間違い。ダンナという別種類の生き物だと思わなきゃ。

ユウコ:人だと思うな、か。

ヨシコ:いいこと聞いた(笑い)。

※女性セブン2012年3月15日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング