1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

がん治療に第4の選択肢 「ロボット手術」が保険診療併用へ

NEWSポストセブン / 2012年3月13日 7時0分

 現在、がん治療は「手術」「抗がん剤」「放射線」の3つを核に、単独あるいは複合して行なわれている。 従来の手術は開腹が基本だった。だが、内視鏡や腹腔鏡といった“切らない”手術が主流になりつつある。
 
 都内の大学病院に勤務する外科医がいう。
 
「医師が内視鏡や腹腔鏡を使って施術するのではなく、ロボットに任せる手術の登場が注目を集めています。人間の場合、手が震えて微細ながん細胞を切除できない場合もあったのですが、ロボットではそんなことがありません」
 
 東京医科大学病院や藤田保健衛生大学病院などで導入されている「ダヴィンチ」はこの代表格だ。
 
 患者の腹部に開けられた、複数のごく小さな穴から、電子メスや手術部分を映すモニターなどの器具を装備したロボットアームが挿入される。医師は3次元画像を見ながらアームを操作して手術を行なう。
 
「前立腺がん手術ではロボット手術が先進医療として認知され、実施施設に認定された施設では4月から保険診療との併用ができるようになっています」(同医師)
 
 今後は胃がんや食道がん、大腸がんのロボット手術もこの5年以内に保険診療が認められていくはずだ。

※週刊ポスト2012年3月23日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング