驚きのスーダン流挨拶 相手に向かって唾を「ペッ!」と吐く

NEWSポストセブン / 2012年3月14日 16時2分

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのは、ご主人(37歳)がスーダン人で通信メーカー勤務の奥様(36歳)。女友達のご主人がアメリカ人で、その紹介で知り合いました。

 * * *
 主人はアメリカに留学していたんですが、アメリカ人の学生友達から「日本の女性は朝、靴下を穿かせてくれるんだ」と聞き、「よしっ! 日本女性と結婚しよう」と決めたらしいんです。私ですか? するわけないじゃないですか! 主人は毎朝、「大和撫子って女子サッカーだけなのかなあ」と、ブツブツいいながら自分で穿いています。

 そういった日頃の不満が溜まるのか、酔っ払うと「首都ハルツームで育ったスーダン人の精神を忘れない」といいながら、私に向かって「ペッ!」と唾を吐きかけてくるんです。「汚いから、やめてよ!」と怒ると、「これはスーダン人の挨拶する時の習慣で、汚いことなんてないよ。唾には魔除けの意味があって、かけることで、悪いものから身を守るんだ」ですって。

 でも、この前、私が仕返ししたら、ピタっとやめました。夜、主人が私のベッドにもぐりこんできたので、「ペッ!」と唾を吐きかけてやったんです。「な、何をするんだ?」「悪い者から身を守るのよ!」今の日本、大和撫子なんていないんですからね!

※週刊ポスト2012年3月23日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング